« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月27日 (水)

僕たちの行方(じゃなくてダンツフレームの行方)

レディース乗馬in那須2005 参加者募集!

女性オンリーとか那須なんて行けやしないとか、そーいうことは置いといて。
リンクページ中の写真にダンツフレームが写ってる・・・。

こんなとこにいたのか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

カウントダウン100!(旭川競馬場)

[JBCカウントダウントロフィーツアー]

JBCカウントダウントロフィーツアーの第1戦が
7/26(火)旭川第10レースで実施されます。
その名も『JBCカウントダウン100特別』です。

JBCカウントダウン100特別
旭川 第10競走 ダート 1500m(右) 
2005年7月26日(火) 19:30発走
(サラブレッド系 一般 規定)

【競走成績】
1着 5枠 5番 バトルハートオー 牡 4 56.0 五十冬(北海道)
2着 1枠 1番 シャーロックメグ 牝 4 54.0 笹木美(北海道)
3着 2枠 2番 ガーディアン 牡 6 56.0 宮崎光(北海道)
4着 5枠 6番 タイキルパン 牡 8 56.0 岡島玉(北海道)
5着 6枠 8番 モカシン 牝 5 54.0 川島洋(北海道)
6着 7枠 9番 スマイルホリデー 牝 4 54.0 沼澤英(北海道)
7着 6枠 7番 キタサンキャンデー 牝 3 53.0 櫻井拓(北海道)
8着 4枠 4番 ヤマノタイショウ 牡 8 56.0 坂下秀(北海道)
9着 3枠 3番 グローバルパワー 牝 4 54.0 千葉津(北海道)
10着8枠11番 キャンディガール 牝 5 54.0 山口竜(北海道)
11着8枠12番 メルローズ 牝 3 53.0 小嶋久(北海道)
12着7枠10番 マキハタコロネット 牝 4 54.0 川島雅(北海道)



「カウントダウン100」で優勝した五十嵐冬樹騎手




単勝1.5倍の1番人気に応えてバトルハートオーが勝利しました。
戦歴を振り返ると今回を含めて6戦5勝、着外1回の強さ。
着外1回もJRA所属時の3歳未勝利戦(初戦)のみ、2戦目は1年空いて
北海道へ移籍後は5連勝とまさに破竹の勢いです。
地方移籍したのは故障が原因なんでしょうか?
それでもこれだけ勝ってくれれば調教師もうれしいでしょうね。


【出馬表】
1枠 1番 シャーロックメグ 牝 4 54.0 笹木美(北海道)
2枠 2番 ガーディアン 牡 6 56.0 宮崎光(北海道)
3枠 3番 グローバルパワー 牝 4 54.0 千葉津(北海道)
4枠 4番 ヤマノタイショウ 牡 8 56.0 坂下秀(北海道)
5枠 5番 バトルハートオー 牡 4 56.0 五十冬(北海道)
5枠 6番 タイキルパン 牡 8 56.0 岡島玉(北海道)
6枠 7番 キタサンキャンデー 牝 3 53.0 櫻井拓(北海道)
6枠 8番 モカシン 牝 5 54.0 川島洋(北海道)
7枠 9番 スマイルホリデー 牝 4 54.0 沼澤英(北海道)
7枠10番 マキハタコロネット 牝 4 54.0 川島雅(北海道)
8枠11番 キャンディガール 牝 5 54.0 山口竜(北海道)
8枠12番 メルローズ 牝 3 53.0 小嶋久(北海道)

コスモバルクでおなじみの五十嵐冬樹騎手や千葉津代士騎手の名前がありますね。
6枠7番キタサンキャンデーの馬主は(有)大野商事、あのひとの持ち馬ですねぇ。
普段情報を仕入れていない旭川ですけど、こういう機会に接してみると
いろいろ面白そうです。
あと、さすが馬産地の競馬というのか、出走馬のお父さんを眺めてみると
中央のレースと言われても多分疑わないメンツです。
バブルガムフェロー、サッカーボーイ、ダンスインザダーク、・・・。
おや?2番ガーディアンの父ジェイドロバリー、
6番タイキルパンの父はJade Robberyってどっちも「ジェイドロバリー」でないの?


あと100日(記事書いてる時点では101日)ってまだまだ先のことですが、
一応当Blogでは覚えている限りはカウントダウンしていくつもりです。

そんなわけで、カウントダウン!(CDTV風に)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

JBCカウントダウントロフィーツアー

JBCカウントダウントロフィーツアー

カウントダウン!(CDTV風に)

まだまだ先の話ですが今年のJBC競走は名古屋で行われます。
めんどくさいので詳細はリンク記事を読んでもらうとして、早い話が
区切りのいい「あと●●日」な日にプロモーションレースを行うってことです。
このカウントダウン企画で行われるレースで勝利騎手に授与されるトロフィーは
各競馬場をぐる~り回っていくようです。
甲子園の優勝旗みたいなもんでしょうか。
具体的には書かれてないんですけど、きっと各レースの優勝馬と騎手の名前が
刻まれたリボンが増えていくのでしょうね。

できれば各地の競馬場を回るのですから、カウントダウンレースに勝った馬に
JBC出場権を与えてほしいな~、とか思ったのですが
仮に出場権を与えるにしても「クラシック」と「スプリント」どっちの出場権に
なるんだろう、とか考えてしまいました。
まあ、めんどくさいことを考えるのは主催者に任せておきましょう。
私たちは自分なりに楽しむのが一番いいことです。

最後に疑問。
カウントダウンで持ちまわったトロフィーは最後はどうなるの?
一応名古屋に行き着くことは決まってるんですけど、
これじゃ名古屋のモノになるのはカウントダウンするまでもなく分かることです。
でも、「とてもじゃないけどJBCになんか馬を出せないよ」ってな地区もあるわけで
せめてカウントダウントロフィーを手に入れる機会を与えてあげてほしい!

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2005年7月23日 (土)

九州産馬No.1決定戦!霧島賞(7/27・荒尾)

九州産馬No.1決定戦!霧島賞(7/27・荒尾)

完全にコピペ記事ですが、上記リンクページで霧島賞のご紹介。

カシノコールミーはJRA馬ですが、デビュー以来毎年の出走で今回で
4度目の出走になるのですね。
JRA1000万下が条件なので、厳しいことを言えば
いつまでたってもうだつがあがらない馬だなぁ
ということになるのですが、そんな馬は地方・中央に限らずいますから。

それよりも毎年出走するその心意気を買いたいですね。
(馬券を買うわけではありません)
地元の人たちもこういうイベントレースがあると、心が沸き立つというか
うれしくなると思いますし、またカシノコールミーのような馬がいると
地元意識も高まって、より競馬に対する思い入れが深くなるのではないでしょうか。

あとひとつ文句をつけるとするならば、
『なんで玲奈ちゃんが乗りに来ないんじゃあ!』
くらいですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

高知競馬あれこれ

さようなら、18連勝馬イブキライズアップ(高知)
鷹野宏史騎手(高知)地方競馬通算2,000勝達成

イブキライズアップだけでなく、その翌週に福山遠征したやはり高知では実力馬
として活躍していたナイキアフリートも競走中止でお亡くなりになってたりします。
そんななかで鷹野騎手の2000勝はおめでたいことなんですけど、
イマイチ気分が乗ってきません。

高知の次開催は7/23(土)、24(日)ですが、その次開催から8月末までの
開催の間、第1~3レースをサマースプリントシリーズと銘打った
5頭立ての800~1000mの短距離戦が実施されます。

当初、よく知らないでいたころは1日の実施レースが11から12に増えるというので
ただでさえ馬の数足りないのに、無理使いさせる気か?
イブキライズアップみたいに壊れる馬が出ても知らんぞー、
とか思ってましたが、5頭立てということで実質的には頭数は同じかやや減るようで
まあ、これならいいかなとホッとしました。

ただ、休みが合わないので参加できないんですよね。
残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーピングはドーピングでも人間じゃなくて馬・・・

1着馬から薬物、出走停止に 福山市営競馬

いまさらトピックでもないですが、こういうニュースに触れると
ヤレヤレ・・・、という思いがします。
ただでさえギャンブルはダーティなイメージがつきまとうんだから
やめてくれよ、です。

まあ、競馬に限らずいろんな問題があるんですけどね。
私見ですがパチンコなんかも構造的に問題を抱えていると思ってます。
だからといってこういうルール違反はギャンブルというレジャーを楽しむことにとって
阻害要因でしかないと思うので、キチンとやってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月18日 (月)

宮下瞳騎手351勝(女性騎手日本最多勝記録更新)

[宮下瞳騎手(愛知)350勝達成!]

名古屋競馬:宮下が351勝、女性騎手日本新 (MSN)

本日7/18の名古屋第1レースでアジャイルスーパー(アラ 牝4)騎乗の
宮下瞳騎手が勝利し、通算勝利数351で女性騎手の日本最多勝記録を更新しました。

リンク元の記事はいくつかありましたが、全部リンク貼るのもうっとうしいので
掲載写真で選んでみました。

これからは1勝が常に、より高みに上る階段であり記録が残っていきます。
男性騎手と比べてどうかということもあるでしょうが
本人にもファンにも楽しみなことではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第9回 マーキュリーカップ(GⅢ)

第9回 マーキュリーカップ(GⅢ)
7月18日(月) 16:15発走
盛岡 第10競走 ダート 2,000m(左)
(サラブレッド系 一般 )

【競走成績】
1着 6枠10番 ピットファイター 牡 6 57.0 安藤勝(JRA)
2着 3枠 3番 スターキングマン 牡 6 59.0 武 豊(JRA)
3着 7枠11番 スナークレイアース 牡10 57.0 小野次(JRA)
4着 2枠 2番 エアウィード 牡 5 56.0 菅原勲(岩手)
5着 1枠 1番 クーリンガー 牡 6 57.0 和田竜(JRA)
6着 5枠 8番 バンブーボカ 牡 5 56.0 小林俊(岩手)
7着 4枠 6番 トニージェント 牡 8 56.0 村上忍(岩手)
8着 8枠13番 トーコーカント 牡 5 56.0 板垣吉(岩手)
9着 5枠 7番 マイネルレガリア 牡 7 56.0 岡部誠(愛知)
10着8枠14番 マイネルレアール 牡 6 56.0 沢田盛(岩手)
11着3枠 4番 ユウキュウ 牡 6 56.0 宇都英(愛知)
12着4枠 5番 ローランボスコ 牡 5 56.0 内田利(岩手)
13着7枠12番 コウエイシャープ 牡 9 56.0 島崎和(笠松)
14着6枠 9番 キングソロモン 牡 5 56.0 倉地学(愛知)

レース見てません・・・。


【出馬表】
1枠 1番 クーリンガー 牡 6 57.0 和田竜(JRA)
2枠 2番 エアウィード 牡 5 56.0 菅原勲(岩手)
3枠 3番 スターキングマン 牡 6 59.0 武 豊(JRA)
3枠 4番 ユウキュウ 牡 6 56.0 宇都英(愛知)
4枠 5番 ローランボスコ 牡 5 56.0 内田利(岩手)
4枠 6番 トニージェント 牡 8 56.0 村上忍(岩手)
5枠 7番 マイネルレガリア 牡 7 56.0 岡部誠(愛知)
5枠 8番 バンブーボカ 牡 5 56.0 小林俊(岩手)
6枠 9番 キングソロモン 牡 5 56.0 倉地学(愛知)
6枠10番 ピットファイター 牡 6 57.0 安藤勝(JRA)
7枠11番 スナークレイアース 牡10 57.0 小野次(JRA)
7枠12番 コウエイシャープ 牡 9 56.0 島崎和(笠松)
8枠13番 トーコーカント 牡 5 56.0 板垣吉(岩手)
8枠14番 マイネルレアール 牡 6 56.0 沢田盛(岩手)

馬のメンバーを見るとJRA勢はクーリンガー筆頭で、スターキングマン復活なるか
といったところがテーマになりそう。
全体としてはJRA中心に岩手勢の食い込みという構図でしょうか。
さて、騎手の方に目をやると、ローランボスコ騎乗の内田利雄騎手に要注目です。
ぶっちゃけ詳しいルールはよく分かりませんが、「短期所属替」ということで騎乗しています。
普通に転属しようとすると1年待たされちゃうので、JRAに限らず地方競馬の中でも
垣根を取り払う必要を感じるのですが・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年7月13日 (水)

第7回 ジャパンダートダービー(GⅠ)

第7回 ジャパンダートダービー(GⅠ)
7月13日(水) 20:15発走
大井 第9競走 ダート2,000m(外右)
(サラブレッド系 3歳 定量)

【競走成績】
1着 6枠10番 カネヒキリ 牡 3 56.0 武 豊(JRA)
2着 6枠 9番 メイプルエイト 牡 3 56.0 張田京(船橋)
3着 8枠14番 ボンネビルレコード 牡 3 56.0 的場文(大井)
4着 5枠 7番 ブラウンコマンダー 牡 3 56.0 左海誠(船橋)
5着 1枠 1番 ドンクール 牡 3 56.0 熊沢重(JRA)
6着 3枠 3番 プライドキム 牡 3 56.0 池添謙(JRA)
7着 7枠11番 コンゴウリキシオー 牡 3 56.0 藤田伸(JRA)
8着 8枠13番 アグネスジェダイ 牡 3 56.0 小牧太(JRA)
9着 5枠 8番 ダンシングスキー 牡 3 56.0 鈴木啓(大井)
10着4枠 5番 セントレアリキ 牡 3 56.0 吉田稔(愛知)
11着4枠 6番 キョウエイペガサス 牡 3 56.0 山田信(船橋)
12着7枠12番 チャコティー 牡 3 56.0 清家義(愛知)
13着3枠 4番 マズルブラスト 牡 3 56.0 内田博(大井)
14着2枠 2番 スコッツデール 牡 3 56.0 安部幸(愛知)


当たり前というかカネヒキリが4馬身差をつけて貫禄の優勝でした。
距離の問題も太井の馬場への適正も問題にはならなかったようで、
先々も強い競馬を見せてくれそうです。
2着は南関東3冠でついに銀メダル3個そろえてしまいましたメイプルエイト
シルバーコレクターというのも個性だとは思うのですが、競走馬にとっては
あまり嬉しくないことだろうなぁ、と思ってしまいます。


【払戻金】
単勝 10番 110円
複勝 10番 110円、 9番 200円、 14番 1020円
枠連 6-6 950円
枠単 6-6 1010円
馬連 9-10 970円
馬単 10-9 1060円
ワイド 9-10 410円、 10-14 2060円、 9-14 5720円
三連複 9-10-14 14030円
三連単 10-9-14 32340円


【出馬表】
1枠 1番 ドンクール 牡 3 56.0 熊沢重(JRA)
2枠 2番 スコッツデール 牡 3 56.0 安部幸(愛知)
3枠 3番 プライドキム 牡 3 56.0 池添謙(JRA)
3枠 4番 マズルブラスト 牡 3 56.0 内田博(大井)
4枠 5番 セントレアリキ 牡 3 56.0 吉田稔(愛知)
4枠 6番 キョウエイペガサス 牡 3 56.0 山田信(船橋)
5枠 7番 ブラウンコマンダー 牡 3 56.0 左海誠(船橋)
5枠 8番 ダンシングスキー 牡 3 56.0 鈴木啓(大井)
6枠 9番 メイプルエイト 牡 3 56.0 張田京(船橋)
6枠10番 カネヒキリ 牡 3 56.0 武 豊(JRA)
7枠11番 コンゴウリキシオー 牡 3 56.0 藤田伸(JRA)
7枠12番 チャコティー 牡 3 56.0 清家義(愛知)
8枠13番 アグネスジェダイ 牡 3 56.0 小牧太(JRA)
8枠14番 ボンネビルレコード 牡 3 56.0 的場文(大井)


いつまでもいない馬のことを考えていても仕方ないので前向きに行くことにします。
そのいなくなった馬のかわりに川島師が内田騎手に用意したのはマズルブラスト
年が明けてから3連続2着のあと2連続3着と、善戦マンのクセがついてしまいそうです。

その他に気になる馬というと、名前ネタですが愛知のセントレアリキ
「セントレア」って一部地域にとっては地雷だと思いますけどねぇ。
しかも問題になった地方をホームとしてるわけですよ、これが。
さらには名古屋移籍前は4月までJRA所属で、6月に入って東海ダービー1戦1勝で
ジャパンダートダービーに駒を進めてきました。
なーんか出来すぎというか、横入りしてきたような印象を受けます。
実際に東海ダービー勝ってるので、強い馬はしかるべきレースに出るべきという
原則には反していないんですけど・・・。
馬主さんはサニングデールの後藤繁樹さん。
カネヒキリなりシーチャリオットなりに一泡吹かせよう
という意図があって馬を用意したんでしょうか?
それはレースに行ってのお楽しみ・・・。

(愛知勢3頭のうちもう1頭も後藤さんの馬でこちらもJRAからの移籍組。
単純に愛知とコネクションがあって馬をおろしているのかも知れませんね)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

私の競馬履歴書(競馬バトン from 源八さん and Umaさん)

[負け犬の遠吠え 競馬バトン受け取りましたΣ(・∀・)]

[週間Umaかった!! 競馬バトンを受け取りました!]

上記2名の方から競馬バトンを託されてしまいました。
これも新しい形のBLOGというかTB企画の形なのでしょう。
一定の項目について複数の人が書きつづけていく・・・、
ある程度長くなったらさかのぼって比較してみたいです。

バトンの存在は知っていましたが指名がかぶるとは思いませんでした。
源八さん、Umaさん、ありがとうございます。
ではまずバトンの内容というかお題を書いておきましょう。

【競馬バトン】
①ブックマークにおける競馬サイトの割合
②今もっとも好きな騎手、調教師など
③最後に勝った馬券
④忘れられない5頭
⑤バトンを渡す5人

うーん、実は地方競馬歴短いので『④忘れられない5頭』はネックですねぇ。
そんなに数把握してないのですよ。
主だったところでも南関東、笠松(名古屋)、地元と結構ありますし、
全部最近の現役馬になっちゃうかも・・・。

あと、本題に入る前にカミングアウト。
このBLOG、実は第2BLOGなんですよね。
で、地方競馬で切り分けているので中央競馬の方がネタはあるんですけど
地方オンリーで行きます。

【競馬バトン:砂漠の虎バージョン】
①ブックマークにおける競馬サイトの割合
中央も含めても1割以下といったところです。
さらに競馬に限れば地方競馬の割合はさらに1割くらいだと思います。


②今もっとも好きな騎手、調教師など
騎手は内田博幸騎手(大井)。
地方リーディングを独走するその実力をいつかナマで見てみたいです。
ちなみに高知競馬は招待騎手競走なるレースを行っており、的場文男騎手を
招待してたりするのですが、赤字になったら廃止という状況で来年の開催が
危ぶまれる現在、潰れる前に内田騎手を呼んでくれ~、というのが
素直な気持ちだったりします。

調教師に特に思い入れはなかったりしますが、せっかくなので
ハルウララの宗石調教師(高知)を。
ちょっと前にそこそこ有名になりましたが、今後どうなるかは気にかけていきたい
と思っています。


③最後に勝った馬券
6/8 大井第9競走 東京ダービー
シーチャリオットの単、馬単流し
配当が安かったので損してるんですけど、基本的に損してばかりなので・・・


④忘れられない5頭
現役馬ばっかりです。

■アジュディミツオー
ドバイへの挑戦を終えてお休み中。
秋にはJBCクラシックやジャパンカップダート、東京大賞典での活躍を
楽しみにしています。

■ミツアキタービン
昨年のフェブラリーSでは見応えのあるレースをしてくれました。
アドマイヤドンとの組み合わせで3連複を買っていた私は直線途中まで先頭だった
ミツアキタービンの姿に大興奮でした。
今年の復帰戦も勝利で飾りましたし、そのうちまた中央の舞台へ挑戦してほしいです。

■シーチャリオット
もうなにも言う必要はないでしょう。
ゆっくり休んで万全の体勢で復帰してほしいです。

■レイナワルツ
中央時代からみょ~に気になる馬。
名古屋に移籍してからはバシバシ勝ちまくりなのに、なぜか他場へ遠征するとダメ。
そんなところが私の興味を引き付けてやみません。

■スペリオアザーズ
今年の冬に高知競馬で見かけた1頭です。
パドック周回していて気になった馬。
競馬新聞では対抗扱いだったのをパドックで気に入って馬単流しで買いました。
もちろんスペリオアザーズは勝ってくれましたが、払い戻しで
前に並んでいたオッちゃんが3連単4点(もちろんスペリオがアタマ)で仕留めており
まだまだ勝負の世界は深いなぁとしみじみさせられました。


⑤バトンを渡す5人
バトン企画の性質上、勝手に指名するのですが引き継いでくだされば幸いです。

藤島士半さん 『藤島士半の勝手にニュース&うま好き日誌
ときどきトラックバックをいただいています。
競馬だけでなくニュースの拾い読みは結構バラエティ豊かです。

あぐさん 『CHALLENGE IS MY LIFE
アンガールズドリーム賞の記事にコメントをいただきました。
競馬場での写真が時々掲載されていて、私がよく知らない競馬場の様子が分かります。

5人も指名するのは難しいので、あとはこの記事を読んだ方が
My競馬とは?を語りたくなったら引き継いでやってください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第7回 ジャパンダートダービー(GⅠ) 出走予定馬

第7回ジャパンダートダービー(GⅠ)
7月13日(水) 大井競馬場 ダート右回り2,000m
サラ系3歳 フルゲート16頭

【出走予定馬 2005年7月6日現在】

JRA所属馬〔出走枠(原則):5頭〕 現在の登録頭数:5頭
栗東 アグネスジェダイ 小牧 太
栗東 カネヒキリ 武 豊
栗東 コンゴウリキシオー 藤田 伸二
栗東 ドンクール 熊沢 重文
栗東 プライドキム 池添 謙一

他地区選定馬〔出走枠(原則):5頭〕 現在の登録頭数:3頭
愛知 スコッツデール 安部 幸夫
愛知 セントレアリキ 吉田 稔
愛知 チャコティー 清家 義徳

南関東選定馬〔出走枠(原則):6頭〕 現在の登録頭数:6頭
大井 キョウエイペガサス (未定)
大井 ダンシングスキー (未定)
船橋 ブラウンコマンダー (未定)
大井 ボンネビルレコード (未定)
船橋 マズルブラスト (未定)
船橋 メイプルエイト (未定)


シーチャリオットのいないジャパンダートダービーがいよいよ来週に迫ってきました。
正直なところテンションはガタ落ちです。
とりあえずマズルブラストメイプルエイトに食い込みを期待。
ハァ。
いつまで引きずるんだろう、この気持ち・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年7月12日 (火)

ジャパンダートダービー直前リポート(TCKコラムより)

TCK Column vol.60
JDD直前リポート


ということで、今回はトピックというより馬券の参考に・・・、といったところです。
有力馬の写真つきでJRA勢のコメントも取ってあるので参考になります。
単純に読むだけでもおもしろいです(コラムなんだから当たり前か)。

読んでてワクワクしてきました。
TCKもリンクに加えよっかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

宮下瞳騎手(愛知)350勝達成!

宮下瞳騎手(愛知)が日本記録タイ350勝達成

宮下騎手はこれで日本の女性騎手の頂点に並んだことになります。
女性ゆえに男性の場合と比べてどうかは分かりませんが、年齢だけみれば
まだまだ勝ち星を伸ばせそうです。

そして次の1勝は正真正銘の女性騎手の単独トップの勝利数になります。
笠松もこれをきっかけにどんどん盛り上がるといいですね。





それにしても上記NARのトピックスの表現には参りました。
(一部引用)
『皆さん、要チェックですぞ!

「ですぞ」って・・・、ノリノリですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年7月 9日 (土)

競馬の世界の女性の活躍!

宮下瞳騎手(愛知)350勝達成へカウントダウン
高知でデビュー予定の女性騎手服デザイン募集

競馬は男の世界という雰囲気がありますが、なかなかどうして女性騎手も頑張っております。
海外では女性の調教師とかもいるようですし、騎手に限らず女性が活躍してくれると
男の身としてもうれしく思います。
まあ、所詮男ですからアイドル的に見てしまうきらいはあるのですが。

それにしても今年の秋に高知で2人も女性騎手が誕生するわけで、
ちょっとミーハーな気分ではありますが注目していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

第9回 スパーキングレディーカップ(GⅢ)

第9回 ホクトベガメモリアル スパーキングレディーカップ(GⅢ)
7月6日(水) 20:10発走
川崎 第10競走 ダート1,600m(左)
(サラブレッド系 3歳以上牝馬 別定)

【競走成績】
1着 6枠10番 トーセンジョウオー 牝 4 56.0 後藤浩(JRA)
2着 3枠 3番 オルレアン 牝 4 55.0 中舘英(JRA)
3着 7枠12番 グラッブユアハート 牝 5 56.0 安藤勝(JRA)
4着 3枠 4番 エターナルハピネス 牝 4 55.0 的場文(大井)
5着 8枠13番 ベルモントパティ 牝 5 55.0 御神訓(大井)
6着 4枠 6番 レマーズガール 牝 5 57.0 武 豊(JRA)
7着 2枠 2番 レイナワルツ 牝 5 55.0 兒島真(愛知)
8着 4枠 5番 マルダイメグ 牝 5 55.0 桑島孝(船橋)
9着 1枠 1番 ラヴァリーフリッグ 牝 6 56.0 石崎隆(船橋)
10着7枠11番 クインオブクイン 牝 3 52.0 濱口楠(笠松)
11着5枠 7番 ジターナフォンテン 牝 5 55.0 左海誠(船橋)
12着6枠 9番 エフテージェニー 牝 6 55.0 水野貴(浦和)
13着5枠 8番 ジーナフォンテン 牝 7 57.0 内田博(大井)
14着8枠14番 ダイショウクイーン 牝 6 55.0 岡部誠(愛知)


トーセンジョウオーはこれで重賞3勝目、牡馬相手や芝の舞台ではサッパリでしたが
砂上で同じ牝馬相手ならやれるという力が証明されました。
と言いたいのですが、この重賞3勝はいずれも重、不良馬場でのもの。
力は認めるものの良馬場では1年以上勝っていないので、真の評価にはもう少し
様子を見る必要があるかなと考えています。
とりあえずレマーズガールっていう時代の幕引きをしてくれているのが
トーセンジョウオーだとは思うのですが、信用しすぎて痛い目見るのはイヤなのです・・・。


【払戻金】
省略


【出馬表】
1枠 1番 ラヴァリーフリッグ 牝 6 56.0 石崎隆(船橋)
2枠 2番 レイナワルツ 牝 5 55.0 兒島真(愛知)
3枠 3番 オルレアン 牝 4 55.0 中舘英(JRA)
3枠 4番 エターナルハピネス 牝 4 55.0 的場文(大井)
4枠 5番 マルダイメグ 牝 5 55.0 桑島孝(船橋)
4枠 6番 レマーズガール 牝 5 57.0 武 豊(JRA)
5枠 7番 ジターナフォンテン 牝 5 55.0 左海誠(船橋)
5枠 8番 ジーナフォンテン 牝 7 57.0 内田博(大井)
6枠 9番 エフテージェニー 牝 6 55.0 水野貴(浦和)
6枠10番 トーセンジョウオー 牝 4 56.0 後藤浩(JRA)
7枠11番 クインオブクイン 牝 3 52.0 濱口楠(笠松)
7枠12番 グラッブユアハート 牝 5 56.0 安藤勝(JRA)
8枠13番 ベルモントパティ 牝 5 55.0 御神訓(大井)
8枠14番 ダイショウクイーン 牝 6 55.0 岡部誠(愛知)

案の定、ダイワエルシエーロは登録だけでした。阪神のマーメイドSにも登録があるので
そちらで走るようです。
まあ、自分の庭で走ることに何も問題はないのですが、今回は是非とも走ってほしかったですね。
アメリカンオークスをシーザリオ(福永騎手)が制した今となっては・・・。
当然アメリカンオークスの前に出馬投票は締め切られているのですが、
もしダイワエルシエーロが出走なら当然、米G1初制覇の福永騎手が乗りにきていたわけで
お客さんも増えて盛り上がっただろうになぁ、と思わずにはいられません。





(蛇足)
5枠ジターナフォンテンジーナフォンテンが入りました。
間違って買う人続出の予感・・・。
(そんなに人気しないか)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第9回ホクトベガメモリアル スパーキングレディーカップ(GⅢ) 出走予定馬

第9回ホクトベガメモリアル スパーキングレディーカップ(GⅢ)
7月6日(水) 川崎競馬場 ダート左回り 1,600m
サラ系3歳以上牝馬 フルゲート14頭

【出走予定馬 2005年6月30日現在】

JRA所属馬〔出走枠(原則):4頭〕 現在の登録頭数:4頭
美浦 グラッブユアハート 安藤 勝己
栗東 ダイワエルシエーロ (未定)
美浦 トーセンジョウオー 後藤 浩輝
栗東 レマーズガール 武 豊

※補欠馬(補欠順位順) 現在の登録頭数:4頭
美浦 オルレアン (未定)
栗東 オメガグレイス (未定)
美浦 ポライトストーン 吉田 豊
美浦 クリスタルヴィオレ (未定)

他地区所属馬〔出走枠(原則):3頭〕 現在の登録頭数:3頭
笠松 クインオブクイン 濱口 楠彦
愛知 ダイショウクイーン 岡部 誠
愛知 レイナワルツ 兒島 真二

南関東地区所属馬〔出走枠(原則):7頭〕 現在の登録頭数:7頭
川崎 エターナルハピネス (未定)
船橋 ジーナフォンテン (未定)
船橋 ジターナフォンテン (未定)
大井 ベルモントパティ (未定)
川崎 マルダイメグ (未定)
船橋 ラヴァリーフリッグ (未定)
浦和 エフテージェニー (未定)

※補欠馬(補欠順位順) 現在の登録頭数:2頭
川崎 オルターネイティヴ (未定)
川崎 スギノワンダー (未定)

ダイワエルシエーロの騎手登録が未定になっています。
7/6開催なので主戦の福永祐一騎手はアメリカから帰ってきていると思うのですが・・・。
使わないことも考えて登録だけということでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »