« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

第26回 浦和記念(GⅡ)

第26回 彩の国 浦和記念(GⅡ)
2005年11月30日(水) 15:30発走
浦和 第10競走 ダート2000m(左)
(サラブレッド系 3歳以上 別定)

【競走成績】
1着 5枠 5番 ヴァーミリアン 牡 3 54.0 武 豊(JRA)
2着 2枠 2番 ハードクリスタル 牡 5 56.0 横山典(JRA)
3着 8枠 9番 ノボトゥルー 牡 9 58.0 ペリエ(外国)
4着 7枠 8番 ウツミジョーダン 牡 5 56.0 石崎隆(船橋)
5着 7枠 7番 コアレスハンター 牡 8 56.0 御神訓(大井)
6着 3枠 3番 メイプルエイト 牡 3 54.0 張田京(船橋)
7着 1枠 1番 マグマプロトン 牡 4 56.0 内田博(大井)
8着 6枠 6番 ヨシノイチバンボシ 牡 4 56.0 吉田稔(愛知)
9着 4枠 4番 エアウィード 牡 5 56.0 菅原勲(岩手)
10着8枠10番 エイシンダンズビル 牡 8 56.0 繁田健(浦和)


ダート2走目の3歳馬ヴァーミリアンが楽勝だったようですね。
ユタカマジックなのか、ダート適正が引き出されたのか。
ともあれダート戦線に新星が登場しました。

ハードクリスタルは3馬身差の2着。
ヴァーミリアンが3歳斤量とはいえ、先手先手で運んで3馬身差というのはちょっと・・・
いまだ重賞未勝利ながらも素質の高さは負けてないと思うんですけどね。
なんとももどかしい馬です。

ノボトゥルーは勝敗とは関係のない3着。
いつもどおり自分が走れるだけ走ったというところでしょうか。
でも2000mでこれだけ走れてるのはすごいですね。


【出馬表】
1枠 1番 マグマプロトン 牡 4 56.0 内田博(大井)
2枠 2番 ハードクリスタル 牡 5 56.0 横山典(JRA)
3枠 3番 メイプルエイト 牡 3 54.0 張田京(船橋)
4枠 4番 エアウィード 牡 5 56.0 菅原勲(岩手)
5枠 5番 ヴァーミリアン 牡 3 54.0 武 豊(JRA)
6枠 6番 ヨシノイチバンボシ 牡 4 56.0 吉田稔(愛知)
7枠 7番 コアレスハンター 牡 8 56.0 御神訓(大井)
7枠 8番 ウツミジョーダン 牡 5 56.0 石崎隆(船橋)
8枠 9番 ノボトゥルー 牡 9 58.0 ペリエ(外国)
8枠10番 エイシンダンズビル 牡 8 56.0 繁田健(浦和)


頭数は10頭とさびしいものの、取捨選択に迷いそうなメンバー構成となりました。

枠番順に挙げるとまずハードクリスタルは3走前の函館のマリーンSでマルブツトップを
下して勝っており、前走も白山大賞典でグラッブユアハートの2着と、重賞未勝利ながら
ダートグレードでのメドは立っている馬。
メイプルエイトはジャパンカップダートを勝利したカネヒキリにジャパンダートダービーで2着。
対古馬でも戦えそう。
やはり3歳馬でJRAのヴァーミリアンはダートに矛先を向けた前走でイキナリOP勝ち。
距離伸びてどうかも、元々地元では1700あたりで勝ち負けしており、
後ひとふんばり効けば有望なヨシノイチバンボシ
南関東移籍初戦で名手石崎隆之を鞍上に迎えたウツミジョーダン
どう考えても距離はもたないだろうが、ペリエの手綱さばきに要注目のノボトゥルー

10頭出走なのに6頭も気になるなんて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月27日 (日)

ウツミジョーダン、川崎へゆく

第26回彩の国 浦和記念(GII)出走予定馬 (NAR)

普段ネタ元にしているNARのダートグレード出走予定馬のページ。
そろそろ浦和記念だなー、と思ってチェックを入れたら南関東所属馬の登録馬に
岩手のウツミジョーダンの名前が・・・

いつ移籍したんだ?
と思ったら、この浦和記念から川崎所属ということになるらしい。
前走は11月アタマに岩手所属で出走してるし。

まあ今年の川崎記念3着馬ですから。
これまでで川崎で3戦して2、1、3着。
適正もありそうですし、現在5歳で馬がフレッシュなうちの方が活躍できるでしょうしね。

今回は浦和記念ということで南関東所属初戦は浦和ということになりますが、
昨年だって4着でしたし、直前輸送の労が軽減されるとなると、イキナリ楽しみな戦いです。
そしてさらに楽しみなのは来年の川崎記念。
出走するかどうか分かりませんし、メンバー次第ということはあるでしょうが、
やはり腰をすえて戦えるのは有利でしょう。
出てくるようなら川崎記念本命候補にしたいです。
そのくらい楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月23日 (水)

第7回 兵庫ジュニアグランプリ(GⅢ)

第7回 兵庫ジュニアグランプリ(GⅢ)
2005年11月23日(水) 15:50発走
園田 第10競走 ダート1400m(右)
(サラブレッド系 2歳 定量)

【競走成績】
1着 6枠 7番 モエレソーブラッズ 牡 2 54.0 五十冬(北海道)
2着 6枠 8番 ジョイーレ 牡 2 54.0 岩田康(兵庫)
3着 4枠 4番 ユーワハリケーン 牡 2 54.0 中舘英(JRA)
4着 7枠 9番 ウインドファンタジ 牡 2 54.0 田中学(兵庫)
5着 8枠12番 シティボス 牡 2 54.0 大山真(兵庫)
6着 7枠10番 テンザンオトヒメ 牝 2 53.0 小牧太(JRA)
7着 3枠 3番 エリモインプレス 牝 2 53.0 福永祐(JRA)
8着 5枠 5番 ゴールドイチモンジ 牡 2 54.0 平岩潤(兵庫)
9着 1枠 1番 フジヤマスウィープ 牡 2 54.0 武 豊(JRA)
10着5枠 6番 ブルーアラオ 牝 2 53.0 吉田隆(荒尾)
11着8枠11番 ゴールドハートラン 牝 2 53.0 福重正(愛知)
12着2枠 2番 メイホウホップ 牡 2 54.0 向山牧(笠松)


基本的には兵庫とJRA勢での争いだと思ってたんですけど、意外や意外
北海道からはるばるやってきたモエレソーブラッズが優勝しました。
モエレソーブラッズは前走JRA芝のレースに参戦して11着というのが
上位人気ながらも5番人気にとどまった理由でしょうか。
これを取れた人は多分思ったよりオッズついててラッキーですね。


【出馬表】
1枠 1番 フジヤマスウィープ 牡 2 54.0 武 豊(JRA)
2枠 2番 メイホウホップ 牡 2 54.0 向山牧(笠松)
3枠 3番 エリモインプレス 牝 2 53.0 福永祐(JRA)
4枠 4番 ユーワハリケーン 牡 2 54.0 中舘英(JRA)
5枠 5番 ゴールドイチモンジ 牡 2 54.0 平岩潤(兵庫)
5枠 6番 ブルーアラオ 牝 2 53.0 吉田隆(荒尾)
6枠 7番 モエレソーブラッズ 牡 2 54.0 五十冬(北海道)
6枠 8番 ジョイーレ 牡 2 54.0 岩田康(兵庫)
7枠 9番 ウインドファンタジ 牡 2 54.0 田中学(兵庫)
7枠10番 テンザンオトヒメ 牝 2 53.0 小牧太(JRA)
8枠11番 ゴールドハートラン 牝 2 53.0 福重正(愛知)
8枠12番 シティボス 牡 2 54.0 大山真(兵庫)


ひさしぶりの交流重賞です。
あんまりひさしぶりなので記事を書くのを忘れそうでした。
さて、今回の注目馬はというと荒尾から参戦のブルーアラオ・・・って当たり前すぎて
取り上げたくもないですねぇ。
荒尾からきとるんやけぇ、荒尾の馬に決まっとろうもんが。

というわけで私が注目したいのは先月JRA新馬を勝ったばかりのテンザンオトヒメ。
キャリア1戦ながらも小牧太騎手とのコンビで園田参戦とくれば、いやでも注目です。
陣営の思惑は分かりませんが、園田で小牧太を思い描いていたのなら今回は
予定の行動で実は色気ムンムンなのかも・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

2005ヴァルキリー決定!(全日本レディース招待競走 荒尾)

[11月22日、熱砂のヴァルキリー達が嵐を呼ぶ!(全日本レディース招待競走 荒尾)]

全日本レディース招待競走(荒尾)の結果 (NAR)

荒尾で行われた全日本レディースの結果が出ました。
詳しくは上記NARへのリンクを参照。

2年連続で岩永千明(荒尾)騎手の優勝となりました。
栄枯盛衰の勝負の世界、コロコロと勝者が変わってもおかしくなさそうなんですけど
腕のあるところを見せてくれたのではないでしょうか。

ちょっと残念なのは第1戦2着の西原玲奈(JRA)騎手の第2戦騎乗馬が除外になったこと。
走れていれば逆転あったかもしれないのになぁ・・・、などと思ってしまいます。

その他では3位山本茜(愛知)、4位別府真衣(高知)と新人が上位に食い込んだことでしょうか。
若い子はええのぉ~
ついでに強けりゃもっといい。
ガンバレよ~
でも、私はやっぱり玲奈ちゃんが一番好きかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月22日、熱砂のヴァルキリー達が嵐を呼ぶ!(全日本レディース招待競走 荒尾)

最近高知のスタージョッキーシリーズを何度か取り上げましたが、
今回は荒尾の全日本レディース招待競走です。
こちらは女性騎手限定ですが、JRAや各地の競馬場を代表する女性騎手が
荒尾に集結する華やかなレースです。


【全日本レディース招待競走(荒尾)2005】
■第1戦 2005/11/22(火) 荒尾第7レース
【出馬表】
1枠 1番 マイノーション 牝 3 53.0 山本茜(愛知)
2枠 2番 エンジェルポケット 牝 6 53.0 平山真(浦和)
3枠 3番 ケイティビート 牝 4 53.0 岩永千(荒尾)
4枠 4番 ブルーカンパイ 牝 4 53.0 千田和(岩手)
5枠 5番 ロードルノン 牡 4 55.0 宮下瞳(愛知)
5枠 6番 ストレートパンチ 牡 3 55.0 別府衣(高知)
6枠 7番 インパクトシーン セン 4 55.0 池本徳(福山)
6枠 8番 ティルティル 牝 6 53.0 笹木美(北海道)
7枠 9番 エアートライブ 牡 4 55.0 牧原由(JRA)
7枠10番 テイエムニコニコ 牝 3 53.0 皆川麻(岩手)
8枠11番 シルバーレイン 牝 4 53.0 西原玲(JRA)
8枠12番 サチノウォーランド 牡 5 55.0 牛房由(浦和)

■第2戦 2005/11/22(火) 荒尾第9レース
【出馬表】
1枠 1番 インタークラッシィ 牡 6 55.0 別府衣(高知)
2枠 2番 シーザーフォンテン 牡 5 55.0 岩永千(荒尾)
3枠 3番 ナンゴクゴッドラン 牡 6 55.0 牛房由(浦和)
4枠 4番 インタースカイハイ 牡 6 55.0 山本茜(愛知)
5枠 5番 ジョネスジョニー 牡 3 55.0 西原玲(JRA)
5枠 6番 サチノイチモンジ 牝 4 53.0 平山真(浦和)
6枠 7番 ベガスフォンテン 牝 4 53.0 千田和(岩手)
6枠 8番 サチノマウント 牡 3 55.0 笹木美(北海道)
7枠 9番 グットライアン 牝 10 53.0 宮下瞳(愛知)
7枠10番 エリモニックス 牡 5 55.0 池本徳(福山)
8枠11番 マイキーライアン 牡 5 55.0 牧原由(JRA)
8枠12番 ジョウミョウイン 牝 5 53.0 皆川麻(岩手)


ついでに荒尾のHPにもリンク張っておきましょうね。





ついでにCMフラッシュへも






あと、最後にひとりごと・・・

女性の祭典なんだから、宣材写真はもうちょっと選んでやれ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月21日 (月)

日本トーター(株)杯争奪こうちスタージョッキーシリーズ閉幕

[イキナリスタージョッキーシリーズ!(高知競馬)]

昨日・一昨日行われたこうちスタージョッキーシリーズの結果です。
正式な結果は高知競馬オフィシャルHPをご覧ください。
とはいえ、末端の順位・ポイントについてはまだ発表がないのでネタにしているんですけど。
正式発表があればただのリンク記事・紹介記事にして、
ちょこっとコメント書くだけのつもりだったのですが。

【日本トーター(株)杯争奪こうちスタージョッキーシリーズ・本選結果】
左から出場騎手、第1戦結果、第2戦結果、第3戦結果、総合ポイントです。
1位赤岡 1着20 5着 8 4着10 38
 2位中西 2着16 2着16 10着 3 35
 3位堅田 6着 7 6着 7 2着16 30
 3位中越 3着12 3着12 7着 6 30
 5位西川 4着10 7着 6 3着12 28
 6位花本 10着 3 9着 4 1着20 27
 7位宮川浩11着 2 1着20 9着 4 26
 8位緒方 5着 8 4着10 11着 2 20
 9位西内 7着 6 12着 1 5着 8 15
10位倉兼 9着 4 11着 2 6着 7 13
10位宮川実 8着 5 10着 3 8着 5 13
12位上田 12着 1 8着 5 12着 1 7


見事優勝した赤岡修次騎手は決勝2日目の日曜の第5レースでも通算700勝の
メモリアルを達成しており、うれしさも2倍となったことでしょう。
土曜の第1戦こそ1番人気の馬でしたが、日曜は9番人気・11番人気と苦戦を
強いられる状況ながら、ともに人気以上の着に押し上げた腕前は見事です。

第2位でおしくも栄冠をのがした中西騎手は1・2戦ともに2着で、第3戦を前に
暫定トップだっただけに最後の10着がくやまれる結果となりました。
第3戦は下位人気でアテにしづらかっただけに、1・2戦のどちらかで勝てていれば・・・

同点3位の堅田騎手は本選から出場したリーディング上位騎手ではなく、
予選ラウンドから進出してきての結果。
予選ラウンドでは7名通過のところを同点6位での通過。
本選でも勝ちこそなかったものの堅実にポイントを稼いだというところでしょうか。
短期決戦ではこういう人の活躍もあるので、また違ったおもしろさがあるのだと思います。


<<個人的総括>>
騎手にスポットを当てるというのは、いいことだと思います。
実際、何を考えているのか分からない馬よりも、「ガンバレよ!」って声をかければ
こっち向いてくれる人間の方が思い入れがしやすいところもあるでしょうから。
ただ、今回は企画が急すぎたことと、別の企画が並立したことで
ちょっとファンの興味が分散したところもあるのではないでしょうか。

日程的なものもあるのでしょうが、今年のもうひとつの新企画として行われた
年末の高知県知事賞トライアルへのステップ競走はファンの意識をぼやけさせた
かもしれないと思います。
私なんかはめったに馬券を買いに行けないファンで、しかも1日2レースやれれば
いい方という人なので、同じ日に違う企画があるとどっちをやろう?っていうことに
なっちゃうんですよね。
まあ、朝からフル参戦だぜ!みたいな人には何の企画も立てなくても馬券を
買ってくれると思いますが、私のような薄めのファンにはうま~くココロをつかむ
必要があるでしょうね。

あと、このような騎手の腕を競う企画なんですけど、もうちょっと実施時期を前倒しして
毎年の勝者をワールドスーパージョッキーシリーズの地方予選に送り出す、という
システムにすれば、騎手もファンもよりいっそう盛り上がると思います。
現行のルールでそれができるかどうかは分かりませんけれど・・・
(各地の競馬場が選んでいるのではなくてNARが選出しているのでしょうからね)
それにリーディングジョッキーの権威が薄れるような気もしますしねぇ。
(ヘタすると予選最下位通過の騎手がWSJSに進出してしまう可能性も)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月19日 (土)

公営競技特殊法人改革(地方競馬が心配だ)

公営ギャンブル 地方競馬を共同法人化 競輪・オート統合 政府改革案 (goo)

以前にも公営ギャンブルの特殊法人改革について書きましたが、再びニュースを
発見したので、再び思うところを書きます。
以前とは考えが変わっているかもしれませんが。

(1)地方競馬全国協会(NAR)がどうなるのか
NAR解散→地方競馬を主催している地方自治体が共同出資する地方共同法人になる。

あくまで「方針」という段階ですけど、狙いは不採算地域を採算のとれるところと一緒にして
赤字を埋める・ならす、というところでしょうか。
我がホームはギリギリでやっているだけにこれはうれしい、と言いたいところですが
リンク記事中にもあるとおり、黒字の地域からは文句がでるでしょうね。

(2)実際の運営は?
共同法人化により、地域・ブロック間の垣根が取り払われる、らしいので
最近発表された「南関東4競馬場における交流騎乗について」のような、
南関東で乗りたいのに乗れない、てなことがなくなるかも・・・

でも、実際に賞金とかレース体系なんかは今の時点では分かりませんから、
例えば賞金体系が統一されるとレベルの高いところへ行ってまで乗らんでえーわ、
てなことにもなりかねないと思います。
また、レース体系が統一されても地域格差というのは必ず存在します。
例えば金沢でスゴイマイラーがいるとして、マイル路線のビッグレースが
盛岡とか南関東中心で組まれるとすると、出走についての壁はなくなっても
輸送の壁はなくなりません。
輸送は仕方ないとしても、輸送費用は一方的に金沢が払うことになります。
そのへん、かなり絶妙なバランスの取り方が要求されるのではないでしょうか?
(もっとも、お役所仕事でアッサリ縦割りで決めてしまいそうな気がしますけどね)

(3)統廃合のあおり?
地方競馬が統一されて言わば「将軍様」が誕生するようなものと考えていますが、
ホントの将軍様よろしく、お国替え・お取り潰しをやる可能性があるのですね。
例えば観客動員数が少ないところはもうからないからやめようね、とか。

ただ、これに関してはあまり心配していないというか、多少の不都合があっても
残そうと思えば残せると考えています。
今までは各自治体がバラバラに経営していたこともあり、A競馬でB競馬の馬券を買う
ということができないケースがありました。
例えば高知競馬ではばんえい競馬は買えません。
でも、経営の単位が日本全体に広がるので、当然馬券を売る方も相手を日本全体に
広げるはずです。
ということは、どこの馬券でも買えるようになれば、その土地だけに限れば売上が
振るわなくても場外はよく売れている、ということもあるかもしれません。
この土地の競馬を潰す=他の土地の馬券の売上も下がるということになりますから
潰さないという可能性が広がるのではないでしょうか。
ただ、このケースでは明らかに地元人気は地盤沈下していることになりますから
地元の方で何らかの手を打たないと早晩潰される可能性は残っているのですが・・・


長々書きましたが、地方競馬がよくなる可能性はあります。
ただ、何の改善策も行わずに、今儲かってないから潰す、という結論が出ないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

堀江貴文協賛 高知県知事賞ステップ競走

堀江貴文協賛「知事賞ステップ競走」を実施! (高知競馬オフィシャルHP)

最近ナリを潜めていたホリエモンが急に高知競馬に首を突っ込んできましたね。
もう正直なところ、この人が私の好きなものに介入してくるのはナシにしたいんですけどね。

高知競馬との協力・提携の内容自体、「資金」ではなく「企画」重視だったはずで、
それで出てきたのが「競馬場の新名称募集」だったはずなのですけど
春に始めたこの企画、未だに結果が出てません(今11月半ばだぜぇ)。
それ以外にやったことというと競走馬の「ホリエモン」の高知参入。
これは話題作りであって「企画」じゃない!

で、久しぶりに名前が出てきたと思ったらレースの協賛って・・・
高知競馬では1日12レース全てを協賛する剛の者がすでにいらっしゃいます。
まったく新規性ナシ!

今年は高知県内の3セク施設をライブドアの子会社だか孫会社だかが買収に
名乗りを上げたということもありました。
ハッキリ言おう。
地方で小銭稼ぐついでに、いい人ヅラしたいだけでしょ?
実際、提携後に何かいいアイディアが出てきたためしがないし。
アイディアというなら、サマースプリントシリーズやスタージョッキーシリーズの実施に
力を貸してくださる日本トーターさんの方がよっぽどいい仕事してると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

南関東4競馬場における交流騎乗について

南関東4競馬場における交流騎乗について (NAR)

ネタ元のリンクの内容を見ても、なんかごちゃごちゃ書いてるな~という印象を受けると
思います。ので、勝手に要約すると・・・

『来年の正月から他の地区のジョッキーも南関東で乗れるんやで~(条件付で)』

そんだけです。
実質的には例えば佐賀の騎手が乗りにきて、そうカンタンにレースに乗せてもらえるか
というと疑問なのですけどね。
また、条件付けが細かいんですよね。

●他地区騎手(廃止された競馬場所属も含む)
つまり、短期所属替りで各地を渡り歩いてるMr.Pinkが南関東になら乗りに来れる。
たとえ短期所属替りで笠松所属でも。
これはいい変更だぁ~

●指定交流重賞競走および地方交流重賞競走に騎乗するためには
→出走馬の所属場に所属している騎手である
これはあんまり変わらない。ガックリ。
ただ私の読み方が正しければ、出走馬所属競馬場と交流している場の所属騎手が
OKらしいので、例えば笠松と金沢が交流戦を行っているので、笠松の馬が出走していれば
金沢の騎手を起用できる?のかもしれない。

●通算2500勝
2500勝以上してれば期間限定で南関東に出走できる。
これ結構キツイかも。
売り出し中の若手とかは実質乗れないことになるね。

●期間限定
南関東4場の各場で年1回、1人だけ、2ヶ月間のみ。
あと、大井で1回乗らせてもらうと期間終了後川崎でというのはアウト。
つまり年4人。これも「交流」のお題目の割に少なすぎるような気がする。

なんかつらつらと書いてきたけど、門戸開放的なトピックの割にかなり不自由な気がする・・・
しかも4人以上受け入れを申し込んできた場合どうするかが分からない。
各場の裁量になるのか?純粋に勝ち星の多い方?
何らかの審査があるのは間違いないと思うんだけれど、審査があるとするなら
当然人数余ってても審査をする可能性があり、ウチで乗ってもらってもメリットないから
(関東での知名度がないから)「受入却下」とかいうケースも出るのではないだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月15日 (火)

イキナリスタージョッキーシリーズ!(本選で同点トップが複数の場合・・・)

[イキナリスタージョッキーシリーズ予選ラウンド終了!(高知競馬)]

例によって、高知競馬のHPで書き込みして、管理人さんから回答をいただきました。

-以下、要約引用-
Q.最高得点者が2人以上いたらどっちが優勝?
A.最高得点者は全員が優勝
-引用終了-

私は「シリーズ戦の最後のレースで着順が上の者」が優勝、というのが妥当かな
と思っておりました。
なにせ、メンバーを固定しての競走ですから、決着がつかなかったからといって延長戦、
なんてすぐにはできませんし、日を空けると間延びしちゃいますしね。
どういう考えにせよ、「勝者は常に1人」と思っていたのですが、
この回答には虚を突かれました。

まあ週末になる前に決まってよかったですよ。
あと、「勝者は常に1人」的な思いでいたことに気付かされ、
私最近ギスギスしてたのかしら?とちょっと思いました。
勝負事なんで熱くなるのは当たり前なんですけどね。
今回は高知の大らかさにノックアウトです。おみそれしました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

イキナリスタージョッキーシリーズ予選ラウンド終了!(高知競馬)

[イキナリスタージョッキーシリーズ!(高知競馬)]

WSJSの高知版パクリ企画の予選が終了しました。
結果は主催のリンク元を確認。
こうちスタージョッキーシリーズ 予選ラウンド結果

見づらいのでちょっと書き出しておきます。
左から順位、騎手、第1戦着順、第1戦ポイント、第2戦着順、第2戦ポイント、合計ポイント。
(□はタブ代わりの記号ですので結果とは何の関係もありません)
1位 花本正三 2着16P □2着16P 32P
2位 宮川実 □5着 8P □1着20P 28P
3位 西内忍 □1着20P □6着 7P 27P
4位 上田将司 6着 7P □3着12P 19P
5位 緒方洋介 4着10P □7着 6P 16P
6位 堅田雅仁 3着12P 10着 3P 15P
6位 宮川浩一 8着 5P □4着10P 15P
 ~以上、決勝進出者~

8位 鷹野宏史 7着 6P □5着 8P 14P
9位 永森大智10着 3P □8着 5P □8P
9位 明神繁正 9着 4P □9着 4P □8P

これら7名に加えてシード(リーディング上位)の5人が加わって、次週の本選のメンバーは
以下のようになります。

中越豊光
西川敏弘
中西達也
赤岡修二
倉兼育康
(以上、シード騎手)
花本正三
宮川実
西内忍
上田将司
緒方洋介
堅田雅仁
宮川浩一
(以上、予選通過者)

個人的に注目したいのは予選6位(同点)通過の宮川浩一騎手。
予選第1戦の時点では8位、当落ラインのギリギリ下にいたのですが、本日の第2戦で
何とか決勝への7枚目のキップをゲットしました。
正直なところを言えば、ギリギリな状況で奮起してもうちょっとポイント稼ぐかな
と思っていたのですが、最低限のノルマはクリアというところ。
第2戦は4着で、それが極限状況で出した結果というのはちょっと物足りない気もしますが、
5着の鷹野騎手が合計で1ポイント差で落選したことを考えると
馬券にならない着順でも、傍目には分からない戦いがあったのだと考えられます。

ならば、どうせドンケツだったのだから、本選では上位騎手を引っ掻き回す、あるいは
食ってやろうというように開き直って積極的な騎乗を期待したいと思います。


(蛇足、というか結構長い)
高知競馬オフィシャルサイトでは企画が急だったこともあり、同ポイントだったときどうするか
という規定がありませんでした。
一応、その点にツッコミを入れると
予選ラウンドでは、上位7名中最下位が同点の場合、11/6時点でリーディング上位を選出」
(内容は要約省略してあります)
という回答でした。
まあ、気付いてはいたようで結構なことです。
それに今回の予選でも同点6位という結果になってますし、あと1個順位が下のほうで
同点が発生してたら対処がめんどくさくなったかもしれません。
というか、この規定がお客さんに周知されていたのか疑問ですけど・・・
だって、HP上では掲示板の書き込みに対して返答するという形でしか、同点規定の
記載がありませんでしたし、なによりその記載があったのが予選第2戦の3時間前
なんですよね~

今回はそういう事態は発生しませんでしたが、まだ本選が残っています。
本選で問題になるのは最高得点者が複数いる場合。
これを「11/6時点でリーディング上位者」としたら、下克上の楽しみなくなるんですよね。
高知競馬には厳正かつ公平な選定方法を決定・周知されることを望みます。
本選でシード騎手と予選通過騎手が同点だったら無条件でシードの勝ち、じゃ
予選を戦った騎手が可哀想です。
あと、お客さんもルールが分かってないとなんじゃそら?ってことになりますもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月11日 (金)

イキナリスタージョッキーシリーズ!(高知競馬)

日本トーター(株)杯争奪「こうちスタージョッキーシリーズ」を実施!

明日明後日と来週の高知競馬開催でワールドスーパージョッキーシリーズの
パクリ企画が開催されます。
昨日告知ってんだから、あわただしいねぇ。

本家WSJSとちょっと違うのは本選と予選に分かれていて、リーディング上位5人は
シード扱いで本選から、残りの騎手たちで予選を争うというところでしょうか。

まあ、こういう企画を試すのは悪いことではないですけど、せめて1週間前には
告知してほしいですねぇ。
私が知っているのはネット上での告知だけですけど、競馬場や場外売場で
告知しておかないと、ネット環境がない人は「えっ、そんなんやってたの?」
ということになるような気がします。
(そのためにも1週間前、もっと言えば1開催前に周知させる必要アリ)

このあとどうなるかちょっと想像してみると・・・
「えっ、そんなのやってたの?永森君勝ちあがってるやん!私、永森君好きやから
知ってたら単勝ブチ込んでたのに~。もう~、KRAったら!」
という悲喜劇が生まれるかと思うとおもしろ・・・、ではなくて可哀想でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月 9日 (水)

黒船賞(GⅢ)実施決定!

06年の高知「黒船賞GIII」が3/20に実施決定

経営が苦しい高知競馬ですが、ついに交流重賞『黒船賞』の開催が決定しました。
地元のファンとしては素直に喜びたいところですが、気になることも多少あったり・・・

というのは、例年どおりに開催するとなると、1着~5着までの賞金総額が5千万円超。
で、高知競馬が単年度黒字でないと廃止という方針の元、必死にやりくりして
今年度上期の黒字が約1千万円。
(うろ覚えなので確かではないが2千万には届いてないはず)

この単年度黒字の数字は確か昨年の黒字繰り越し分も入っているわけで、
今年の数字イコール現在の所有金額なわけで・・・
過去の売上や利益を調べたわけではないですが、元金が足りてないのに
やっちゃっていいんでしょうか?
交流重賞効果で馬券が売れると見込んでも無茶なギャンブルだと思うんですけどね。
(ひそかにハルウララ・ラストランの話が馬主サイドと決着したのかもしれませんが)

年度初めのスケジュールには入ってなかったわけで、ヘタすると開催を知らないまま
過ごしてしまう競馬ファンもいたりして・・・
というわけで、高知競馬及びNARには十分な宣伝・周知を期待したいと思います。
このBLOG見ていただいた方も心にとめておいてね。


最後に・・・賞金下げなきゃダメだと思う。


[追記]
アクセス数5000超えました。
訪問者の皆様ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

TCKは今年のナイター終わったんだっけか・・・

今週の土日は我が地元の競馬開催がありましたが、例によって仕事で馬券買えず。
で、パターンとしては週明けにナイター競馬があるとウサ晴らしに出かけて、スッて帰る
というのがお決まりだったりします。

が、先週で大井のトゥインクル開催終わっちまいました。
そりゃ、これから先どんどん寒くなるもんなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

蹴り!(アディライトキック?)

愛知県競馬組合からのお知らせ お詫び

リンクの内容はJBCクラシックで枠入りのときに係員がナイキアディライトを蹴飛ばした(らしい)
ことに対する謝罪です。
私はラジオで聞いていて、かつ運転中だったのでまったくそんなことには気付きませんでしたが。
なんかナイキアディライトがゲートで座り込んだってことくらいしか分かりませんでした。

名古屋でJBCを開催するのは初めてなので、いろいろ複雑な気持ちだったと思いますが。
(例えば全国の人が見てるから待たしちゃいけないとか、万が一入らなくて除外になったら
売上が落ちるとかね)
理解はするけど、やっぱキッチリやんなきゃね。
ヘタに評判とか利益ばかりを考えると、思わぬところでミスをする例なのかもしれません。

というわけで、今回のことで各地方競馬に贈る言葉は・・・

「他山の石」

ということで。


[追記]
たか・かずさんが詳細を書いておられましたのでリンク張ります。
TBするほどこっちは大したこと書いてないのでリンクで。
盛り上がったの? JBC。 (PLAYERS'pharmacy BLOG

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

第5回 JBCクラシック(GⅠ)

第5回 JBCクラシック(GⅠ)
2005年11月3日(木) 16:15発走
名古屋 第11競走 ダート1900m(右)
(サラブレッド系 3歳以上 馬齢)

【競走成績】
1着 4枠 4番 タイムパラドックス 牡 7 57.0 武 豊(JRA)
2着 1枠 1番 ユートピア 牡 5 57.0 安藤勝(JRA)
3着 7枠 9番 レイナワルツ 牝 5 55.0 兒島真(愛知)
4着 6枠 7番 サカラート 牡 5 57.0 秋山真(JRA)
5着 5枠 5番 パーソナルラッシュ 牡 4 57.0 藤田伸(JRA)
6着 3枠 3番 シーキングザダイヤ 牡 4 57.0 横山典(JRA)
7着 7枠10番 クインオブクイン 牝 3 53.0 濱口楠(笠松)
8着 2枠 2番 ニューシーストーリー 牡 4 57.0 永島太(兵庫)
9着 8枠11番 ナイキアディライト 牡 5 57.0 石崎駿(船橋)
10着6枠 8番 グレートステージ 牡 3 55.0 田中学(兵庫)
11着8枠12番 ミツアキサイレンス 牡 8 57.0 東川公(笠松)
12着5枠 6番 ユウキャラット 牝 6 55.0 安部幸(愛知)


【払戻金】
単勝 4番 610円
複勝 4番 240円、 1番 370円、 9番 1970円
枠連 1-4 1920円
枠単 4-1 4030円
馬連 1-4 1810円
馬単 4-1 2880円
三連複 1-4-9 36910円
三連単 4-1-9 236450円


タイムパラドックスが今年2勝目のG1をJBCクラシックで飾りました。
ホントに衰え知らずですね。
昔はムラ馬の印象だったのですが、昨年からは強くてかつ堅実な馬になりました。
2着はユートピアで前走の南部杯が盛岡だけの一発ではなかったと示しました。
もっともタイムパラドックスとは違ってまだ全面的に信用はできませんが。
3着には9番人気のレイナワルツが入って三連単は30万馬券と豪快なことになりました。

そうそう、発走前にナイキアディライトがゲートで座り込んで馬体検査をしたために
発走時間が遅れました。
解説では初名古屋とか、騎乗しているのが石崎オヤジのほうでなくてJrだったり
という環境の変化を馬が感じ取ってああいう行動に出たのでは、てなことを
言っておりました。
それはまったくうなづける話で、馬というのはかくも繊細な生き物なのだなぁ
と改めて思ったりしました。


【出馬表】
1枠 1番 ユートピア 牡 5 57.0 安藤勝(JRA)
2枠 2番 ニューシーストーリー 牡 4 57.0 永島太(兵庫)
3枠 3番 シーキングザダイヤ 牡 4 57.0 横山典(JRA)
4枠 4番 タイムパラドックス 牡 7 57.0 武 豊(JRA)
5枠 5番 パーソナルラッシュ 牡 4 57.0 藤田伸(JRA)
5枠 6番 ユウキャラット 牝 6 55.0 安部幸(愛知)
6枠 7番 サカラート 牡 5 57.0 秋山真(JRA)
6枠 8番 グレートステージ 牡 3 55.0 田中学(兵庫)
7枠 9番 レイナワルツ 牝 5 55.0 兒島真(愛知)
7枠10番 クインオブクイン 牝 3 53.0 濱口楠(笠松)
8枠11番 ナイキアディライト 牡 5 57.0 石崎駿(船橋)
8枠12番 ミツアキサイレンス 牡 8 57.0 東川公(笠松)


いいメンバーがそろいました。
強いて言えば先日武蔵野Sに出走した馬たちもいればさらに豪華になったかも
しれませんが、今年はこの先ジャパンカップダート、東京大賞典という舞台もあるので
そちらに期待しておきましょうか。
新興勢力、復権、下克上、様々なドラマを期待して今はそのときを待つだけです。

トラックバック:JBCスプリント・クラシック着順予想!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

第5回 JBCスプリント(GⅠ)

第5回 JBCスプリント(GⅠ)
2005年11月3日(木) 15:30発走
名古屋 第10競走 ダート1400m(右)
(サラブレッド系 3歳以上 馬齢)

【競走成績】
1着 6枠 8番 ブルーコンコルド 牡 5 57.0 幸英明(JRA)
2着 3枠 3番 ハタノアドニス 牡 9 57.0 御神訓(大井)
3着 2枠 2番 ノボトゥルー 牡 9 57.0 武 豊(JRA)
4着 4枠 4番 メイショウボーラー 牡 4 57.0 福永祐(JRA)
5着 5枠 5番 ニホンピロサート 牡 7 57.0 安藤勝(JRA)
6着 7枠10番 ヨシノイチバンボシ 牡 4 57.0 吉田稔(愛知)
7着 7枠 9番 トーシンブリザード 牡 7 57.0 石崎駿(船橋)
8着 8枠12番 アグネスジェダイ 牡 3 56.0 小牧太(JRA)
9着 8枠11番 ベルモントソレイユ 牡 5 57.0 早田秀(大井)
10着1枠 1番 カセギガシラ 牡 5 57.0 安藤光(笠松)
11着6枠 7番 マンボツイスト 牡 10 57.0 村松学(岩手)
12着5枠 6番 タイガーロータリー 牡 5 57.0 内田利(笠松)


【払戻金】
単勝 8番 190円
複勝 8番 130円、 3番 990円、 2番 390円
枠連 3-6 10720円
枠単 6-3 22440円
馬連 3-8 19130円
馬単 8-3 25170円
三連複 2-3-8 59150円
三連単 8-3-2 393070円


ブルーコンコルドがG1初制覇!
1番人気に応えた快勝でした。
9番人気2着ハタノアドニス、6番人気3着ノボトゥルーのおかげで
連勝式馬券はすべて万馬券という結果には驚きでした。


【出馬表】
1枠 1番 カセギガシラ 牡 5 57.0 安藤光(笠松)
2枠 2番 ノボトゥルー 牡 9 57.0 武 豊(JRA)
3枠 3番 ハタノアドニス 牡 9 57.0 御神訓(大井)
4枠 4番 メイショウボーラー 牡 4 57.0 福永祐(JRA)
5枠 5番 ニホンピロサート 牡 7 57.0 安藤勝(JRA)
5枠 6番 タイガーロータリー 牡 5 57.0 内田利(笠松)
6枠 7番 マンボツイスト 牡 10 57.0 村松学(岩手)
6枠 8番 ブルーコンコルド 牡 5 57.0 幸英明(JRA)
7枠 9番 トーシンブリザード 牡 7 57.0 石崎駿(船橋)
7枠10番 ヨシノイチバンボシ 牡 4 57.0 吉田稔(愛知)
8枠11番 ベルモントソレイユ 牡 5 57.0 早田秀(大井)
8枠12番 アグネスジェダイ 牡 3 56.0 小牧太(JRA)


ここまできたらゴチャゴチャ言うことはないですね。
どの馬が勝つのか、どんなレースになるのか楽しみです。
あえて1コ言えばアグネスジェダイが世代の壁を突き破るのか、
そこに一番注目しておこうと思います。

トラックバック:JBCスプリント・クラシック着順予想!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

カウントダウン0! 今度こそ最後ってもう終わっとるがね(名古屋 第44回ゴールドウィング賞)

[JBCカウントダウントロフィーツアー]

JBCカウントダウン0 キリンビール杯 第44回ゴールドウィング賞
名古屋 第9競走 ダート 1600m(右)
2005年11月3日(木) 14:45発走
(サラブレッド系 2歳 別定)

【競走成績】
1着 4枠 4番 ゴールドハートラン 牝 2 53.0 福重正(愛知)
2着 2枠 2番 インパクトワン 牡 2 54.0 安部幸(愛知)
3着 8枠11番 ペアーガイヤ 牡 2 54.0 戸部尚(愛知)
4着 7枠 9番 セレンアイリス 牝 2 53.0 吉田稔(愛知)
5着 3枠 3番 フジノスターダスト 牡 2 54.0 安藤光(笠松)
6着 8枠10番 ミツアキカッター 牡 2 54.0 東川公(笠松)
7着 1枠 1番 オグリアラシ 牡 2 54.0 内田利(笠松)
8着 6枠 7番 ホワイトサンビーム 牡 2 54.0 中川雅(金沢)
9着 5枠 5番 テンマクロカゲ 牡 2 54.0 濱口楠(笠松)
10着7枠 8番 パワートルネード 牝 2 53.0 丸野勝(愛知)
11着6枠 6番 ホウライシルバー 牡 2 54.0 宇都英(愛知)


今日は場外売り場へJBCの馬券を買いに行きました。
で、ウチの地元で配布されてる出馬表を眺めていると、9Rのところでオヤッと思いました。
JBCとかだと「農林水産大臣賞」とかそういう賞の名前が書いてあるんですけど
この第9レースゴールドウィング賞の欄には、

『JBCカウントダウン0』

って書いてありました。
NARのHPでもカウントダウントロフィーツアーの日程にこのレースは含まれていません。
確かに当日はゼロっちゃゼロですけどね・・・
ネットの情報だけだとこういうこともある、とは思いましたが正直なところは

だまされた!

です。
高○競馬が勝手にやった可能性もあるんですけどね。
なんたってキリンビールが一番売れている地域らしいので。
未定情報に基づいて、それがキリンビール杯だからうれしくなって
確認取らなかったんじゃないの?って思ってます。
まあ、どうでもいいことですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

カウントダウン1! ツアーファイナル!(名古屋)

[JBCカウントダウントロフィーツアー]

JBCカウントダウン1 A2
名古屋 第11競走 ダート 1600m(右)
2005年11月2日(水) 16:20発走
(サラブレッド系 一般)

【競走成績】
1着 7枠 7番 ミヤビフェラーリ 牡 5 55.0 内田利(笠松)
2着 3枠 3番 キジョージャンボ 牡 5 55.0 丸野勝(愛知)
3着 1枠 1番 パレスファミリー 牡 7 55.0 戸部尚(愛知)
4着 6枠 6番 マイネルレガリア 牡 7 55.0 兒島真(愛知)
5着 2枠 2番 アイファージェード 牡 7 55.0 清家義(愛知)
6着 4枠 4番 ニシノオーディン 牡 5 ☆54.0 島崎和(笠松)
7着 8枠 9番 メイショウテイトク 牡 6 55.0 宇都英(愛知)
8着 7枠 8番 ジョウムラキング 牡 7 ▲52.0 山本茜(愛知)
9着 5枠 5番 テイエムハートオー セン 6 55.0 安部幸(愛知)


内田利雄騎乗のミヤビフェラーリがキジョージャンボをアタマ差交わして勝利。
これで明日のJBCに向けた景気づけもできたことだし、タイガーロータリーの一発
あるとおもしろそうですねー。
ところで、後で気付いたことですがキジョージャンボってアラなのね・・・
でもお父さんはアイファージェードと同じパークリージェントだし、どうなってんの?
と思ったけど、よーくお母さんのところを見ると母キジョーオダイはアラ・・・

アラにサラをつけるってことはお母さんは相当の実力馬だったのかな?
というか、こういうパターンをやる理由が知りたいなぁ・・・
なんとか調べてみよう。


【出馬表】
1枠 1番 パレスファミリー 牡 7 55.0 戸部尚(愛知)
2枠 2番 アイファージェード 牡 7 55.0 清家義(愛知)
3枠 3番 キジョージャンボ 牡 5 55.0 丸野勝(愛知)
4枠 4番 ニシノオーディン 牡 5 ☆54.0 島崎和(笠松)
5枠 5番 テイエムハートオー セン 6 55.0 安部幸(愛知)
6枠 6番 マイネルレガリア 牡 7 55.0 兒島真(愛知)
7枠 7番 ミヤビフェラーリ 牡 5 55.0 内田利(笠松)
7枠 8番 ジョウムラキング 牡 7 ▲52.0 山本茜(愛知)
8枠 9番 メイショウテイトク 牡 6 55.0 宇都英(愛知)


11/22(火)に荒尾で開催される全日本レディース招待競走に参戦する山本茜騎手も
いますね。
まだまだ騎乗数少ないですけど、一発あればトロフィーに名前が残りますから
是非とも欲望ムキ出しで乗って欲しいものです。
あるいはJBCスプリントに参戦するMr.ピンクが景気づけにラストカウントダウンを
飾るのか。

そういう視点で見てみたいな、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 1日 (火)

今日の地方競馬トピック(福山・サラ導入、笠松・月2万の組合馬主)

今日、地方競馬情報サイトで発表されたトピックより

福山競馬場がサラブレッド導入を開始

アラブ馬だけの競馬場がなくなる、という点についてはあまり関心がなかったりします。
確かに今まであったものがなくなったり少なくなったりするのは悲しいんですけど
アラブ馬の展望が見えない現状ではやむをえないのかな、と思います。
でも、私のホームの高知競馬にもアラブのレースがあって、レース単体の話をすれば
サラとかアラとか意識せず楽しめるんですよ。
そういう意味ではこの福山の動きがきっかけになってアラ全廃とかそういうことに
ならないといいのだけれど、とは思います。
(矛盾した思いかもしれませんが、人間ってそんなもんです)


馬の購入費用ナシ!月2万円で笠松の組合馬主に

ごちゃごちゃいうのはやめといて、興味のある方は笠松競馬HPへごー!
ついでに募集要項(PDF)へもごー!

一応注意しておくと馬主さんのご好意で「無償提供」される馬だそうなんで、
高望みしたい人はやめたほうがいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カウントダウン2!(名古屋)

[JBCカウントダウントロフィーツアー]

JBCカウントダウン2 A3
名古屋 第10競走 ダート 1600m(右)
2005年11月1日(火) 15:20発走
(サラブレッド系 一般)

【競走成績】
1着 5枠 5番 サンウインダー 牝 5 53.0 藤原良(愛知)
2着 7枠 7番 ヒートアップ 牝 6 53.0 倉地学(愛知)
3着 8枠10番 ブイメール 牡 5 55.0 竹下太(愛知)
4着 4枠 4番 シャンハイモア 牝 5 53.0 安部幸(愛知)
5着 1枠 1番 ミサキノハンター セン 4 55.0 戸部尚(愛知)
6着 6枠 6番 オースミエルフ 牝 5 53.0 宇都英(愛知)
7着 3枠 3番 トップウォリア 牡 4 55.0 兒島真(愛知)
8着 2枠 2番 エムエフファルコン 牡 6 55.0 山田崇(愛知)
9着 8枠 9番 フジノエスペレ 牡 7 55.0 丸野勝(愛知)
10着7枠 8番 ウィナーズフレンド 牡 7 55.0 大原浩(笠松)


1番人気トップウォリア、2番人気オースミエルフともにドボン!
オースミエルフは交流重賞の疲れと考えられそうですけど、トップウォリアは
どうなんでしょうね?


【出馬表】
1枠 1番 ミサキノハンター セン 4 55.0 戸部尚(愛知)
2枠 2番 エムエフファルコン 牡 6 55.0 山田崇(愛知)
3枠 3番 トップウォリア 牡 4 55.0 兒島真(愛知)
4枠 4番 シャンハイモア 牝 5 53.0 安部幸(愛知)
5枠 5番 サンウインダー 牝 5 53.0 藤原良(愛知)
6枠 6番 オースミエルフ 牝 5 53.0 宇都英(愛知)
7枠 7番 ヒートアップ 牝 6 53.0 倉地学(愛知)
7枠 8番 ウィナーズフレンド 牡 7 55.0 大原浩(笠松)
8枠 9番 フジノエスペレ 牡 7 55.0 丸野勝(愛知)
8枠10番 ブイメール 牡 5 55.0 竹下太(愛知)


いよいよ名古屋でカウントダウンの締めが近づいてきました。
兒島騎手はレイナワルツでJBCクラシックで出走の模様。
今回は交流重賞2連戦(日本テレビ盃、南部杯)で手綱を取ったオースミエルフではなく
もともとのお手馬トップウォリアを選択したようです。
この選択がどうでるかちょっと見ものだと思います。
単に人間関係とか前からスケジュールの都合とかで決まってたのかもしれませんけどね。
でも、乗り替わったら結果的に乗らなかった方が勝っちゃった、なんてこともよくあるので
やっぱり注目してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »