« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月22日 (水)

第52回 エンプレス杯(GⅡ)

第52回 エンプレス杯(GⅡ)
2006年2月22日(水) 16:00発走
川崎 第10競走 ダート2100m(左)
(サラブレッド系 4歳以上 別定)

【競走成績】
1着 7枠11番 ローレルアンジュ 牝 7 55.0 的場文(大井)
2着 2枠 2番 レマーズガール 牝 6 56.0 武 豊(JRA)
3着 6枠 8番 レイナワルツ 牝 6 55.0 兒島真(愛知)
4着 8枠12番 グラッブユアハート 牝 6 55.0 安藤勝(JRA)
5着 4枠 4番 ジーナフォンテン 牝 8 56.0 佐藤隆(船橋)
6着 5枠 7番 テンセイフジ 牝 4 54.0 酒井忍(川崎)
7着 6枠 9番 ベルモントパティ 牝 6 55.0 御神訓(大井)
8着 7枠10番 ショウナンシャトー 牝 7 55.0 江川伸(船橋)
9着 8枠13番 クインオブクイン 牝 4 54.0 濱口楠(笠松)
10着5枠 6番 セイエイシェーン 牝 6 55.0 今野忠(川崎)
11着4枠 5番 ジェダイト 牝 4 54.0 内田博(大井)
12着1枠 1番 ライラプス 牝 4 54.0 松永幹(JRA)
13着3枠 3番 ナムラローレライ 牝 4 54.0 尾崎章(愛知)


ローレルアンジュですかぁ・・・
まったく気付かなかったです。
そうきたか、って感じですね。
地方転入2戦目で、初の重賞挑戦で大穴あけるとは・・・
一発屋でなければいいんですけど。


【出馬表】
1枠 1番 ライラプス 牝 4 54.0 松永幹(JRA)
2枠 2番 レマーズガール 牝 6 56.0 武 豊(JRA)
3枠 3番 ナムラローレライ 牝 4 54.0 尾崎章(愛知)
4枠 4番 ジーナフォンテン 牝 8 56.0 佐藤隆(船橋)
4枠 5番 ジェダイト 牝 4 54.0 内田博(大井)
5枠 6番 セイエイシェーン 牝 6 55.0 今野忠(川崎)
5枠 7番 テンセイフジ 牝 4 54.0 酒井忍(川崎)
6枠 8番 レイナワルツ 牝 6 55.0 兒島真(愛知)
6枠 9番 ベルモントパティ 牝 6 55.0 御神訓(大井)
7枠10番 ショウナンシャトー 牝 7 55.0 江川伸(船橋)
7枠11番 ローレルアンジュ 牝 7 55.0 的場文(大井)
8枠12番 グラッブユアハート 牝 6 55.0 安藤勝(JRA)
8枠13番 クインオブクイン 牝 4 54.0 濱口楠(笠松)


フェブラリーSのこと書くのスッパリ忘れてましたね。
まあ、地方サイドからすればアウェーだからいいですかね。
一応馬券はアジュディミツオー買いましたけど残念でした。

エンプレス杯の方はというと、なんとなくですけどメンバーの構成が変わってきた感じ。
JRAも地方も明け4歳の新顔が出走してきていますね。
そのJの新顔ジェダイトは初ダートでどこまで、というところですが
騎手は大井の内田博幸(内田利が南関東にいるから書き分けめんどくさいな)。
こういう逆転現象は今までなかったわけではないですけど、やっぱり実力が
認められているってことなんでしょうね。
二重免許の問題はなんとかならないもんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月13日 (月)

第33回 佐賀記念(GⅢ)

第33回 佐賀記念(GⅢ)
2006年2月13日(月) 16:00発走
佐賀 第10競走 ダート2000m(右)
(サラブレッド系 4歳以上 定量)

【競走成績】
1着 8枠10番 マイネルボウノット 牡 5 56.0 後藤浩(JRA)
2着 7枠 8番 ドンクール 牡 4 58.0 福永祐(JRA)
3着 6枠 6番 オンユアマーク 牡 8 56.0 安東章(佐賀)
4着 4枠 4番 ノボトゥルー 牡 10 59.0 安藤勝(JRA)
5着 1枠 1番 メイショウカイドウ 牡 7 57.0 武 豊(JRA)
6着 2枠 2番 タイムトゥチェンジ 牡 8 56.0 尾島徹(笠松)
7着 5枠 5番 タイキシリウス セン 10 56.0 真島正(佐賀)
8着 7枠 9番 ミツアキサイレンス 牡 9 58.0 東川公(笠松)
9着 3枠 3番 ブルーオオマサ 牡 8 56.0 北村欣(佐賀)
10着8枠11番 クラシカルマウント 牡 11 56.0 吉田隆(荒尾)
取消 6枠 7番 バンブーボカ 牡 6 56.0 五十冬(北海道)


レースを見れてないので実際の評価はできないのですが、
希望どおりにオンユアマークがハナに立ってしぶとく3着でした。
3連単があればね・・・
バンブーボカがいなかったせいもあるでしょうけど、地方馬では最も人気してた
ということは、みなさんそれなりに評価はしてたんでしょうね。
私も自分の読みがそれほどずれたものではないということが確認できて
ホッとしました。


【出馬表】
1枠 1番 メイショウカイドウ 牡 7 57.0 武 豊(JRA)
2枠 2番 タイムトゥチェンジ 牡 8 56.0 尾島徹(笠松)
3枠 3番 ブルーオオマサ 牡 8 56.0 北村欣(佐賀)
4枠 4番 ノボトゥルー 牡 10 59.0 安藤勝(JRA)
5枠 5番 タイキシリウス セン 10 56.0 真島正(佐賀)
6枠 6番 オンユアマーク 牡 8 56.0 安東章(佐賀)
6枠 7番 バンブーボカ 牡 6 56.0 五十冬(北海道) 取消
7枠 8番 ドンクール 牡 4 58.0 福永祐(JRA)
7枠 9番 ミツアキサイレンス 牡 9 58.0 東川公(笠松)
8枠10番 マイネルボウノット 牡 5 56.0 後藤浩(JRA)
8枠11番 クラシカルマウント 牡 11 56.0 吉田隆(荒尾)


今回もメンバー的に「なんで出てくるの?」という馬がチラホラ・・・
その最たるものがメイショウカイドウなんですけど、小倉重賞が当分ないからって
わざわざ佐賀に出走しなくても・・・
小倉キングの同馬のことですから、佐賀でも勝てれば盛り上がるでしょうけど。
ホントに勝ったら小倉キング改め九州キングかな?
今の時点で地方馬で買ってみたい馬はオンユアマーク。
マイネルボウノットのハナを叩かなければスタートで終わりってことになりそうですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 9日 (木)

全日本新人王争覇戦の実施決定(3/20・高知)

全日本新人王争覇戦の実施決定(3/20・高知) (NAR)

高知競馬の経営状況の逼迫により実施がなかなか決まらなかった黒船賞が
決まったのに続いて全日本新人王争覇戦もできるようになったそうで
喜ばしいことです。

昨年の高知の騎手は永森大智でしたけど、今年はどうなんでしょう。
確かルール上は3年目までの騎手ということなんですけど、
今年は3人若手がいるんですよねぇ。
地元枠で複数出られるんなら問題ないけど、1人だけってことになると
ちょっともめそうな雰囲気・・・

昨年出場の永森は通算勝利数は一番多いのですが、最近の勢いは別府が上。
免許取得年の成績を見れば、圧倒的に別府の方がいいんですよねぇ。
両方出られればいいんだけど・・・
出場枠が複数ありますよーに!

ついでにJRA側の出場者を想像すると、3年目までだから
この前小倉大賞典で初重賞勝ちをおさめた川田将雅あたりが出てくるのでは?
地方の騎手も負けてられないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

福山のアラブ最強馬スイグン引退

今日は仕事で馬券を買うのもネットで、だったんですけど
今日は2年連続でアラブ最優秀馬に選ばれたスイグンの引退式でした。

レースライブを見られる人は引退式の様子が見られたかもしれません。
仕事じゃなければ良かったんですけどね。

アラブは衰退傾向とはいえ、そういうことを抜きにすればスイグンはまだ6歳。
中央ならいざ知らず、地方では働き盛りです。
もったいない気もしますが、今後は地方競馬教養センターで繋養されるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

”笑えない”いいとも

昨日書こうと思っていたのですが、テンリットルのことを書いている間に
忘れてしまいました。

昨日、お昼に笑っていいともを見ていたのですが、イケメンジョッキーを当てる?
クイズをやっていて興味深く見ておりました。
全然分からなかったので、多分正解はペーペーのジョッキーなんだろなーと
思っていたら、そのとおりで浦和所属で3年目の半澤慶実騎手でした。

私は元がJRA畑の人間で地方競馬は好きですが、さすがに他地区の
若手ジョッキーまでは分かりませんでした。

で、そのクイズコーナーには競馬番組をやっている若槻千夏と
JRAのイメージキャラクターの中井正広がいたわけですが、
さすがに地方競馬では知ってるはずもなかったですね。

ただ、最後に引っかかったのは半澤騎手へのインタビュー。
「尊敬する騎手は?」との問いに「佐々木竹見騎手です」との答え。
さすが地方の若手やな~
と、ほほえましく見てたのですが、クイズの司会をしていた中井さんは
7000戦だっけ?」

おいっ、なんぼなんでも間違えすぎちゃうんかい!

いかにJRAでの活動とはいえ、佐々木竹見くらい知っといてほしい。
競馬の仕事も2年目に入るんでしょ、中井さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »