« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

藤川ファーム様、ありがとう~?

アジュディミツオー経過は順調 特製キーホルダーをプレゼント!! (NAR)

骨瘤のため、JBCを回避したアジュディミツオーですが、
その後の経過は順調で、調教も再開されたとのことです。
やーホッとしますねぇ。

んで、アジュディミツオーの生産牧場の藤川ファームから、
アジュディミツオーの帝王賞優勝記念の特製キーホルダーを10名に
プレゼントするそうです。

競争率は高いけど、これは応募せねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

第33回 北海道2歳優駿(GⅢ)

第33回 北海道2歳優駿(GⅢ)
2006年10月26日(木) 15:20発走
札幌 第10競走 ダート1700m(右)
(サラブレッド系 2歳 馬齢)

【競走成績】
1着 1枠 1番 トップサバトン 牡 2 55.0 井上俊(北海道)
2着 8枠13番 アンパサンド 牡 2 55.0 齊藤正(北海道)
3着 5枠 7番 ミスティックベル 牡 2 55.0 武 豊(JRA)
4着 2枠 2番 アプローズヒーロー 牡 2 55.0 横山典(JRA)
5着 6枠 9番 フジエスギャラント 牡 2 55.0 宮崎光(北海道)
6着 7枠11番 ヒデサンジュニア 牡 2 55.0 川島雅(北海道)
7着 8枠12番 ワイルドイリーガル 牡 2 55.0 岩田康(JRA)
8着 3枠 3番 リバームーン 牡 2 55.0 佐々国(北海道)
9着 4枠 5番 ラインストーム 牡 2 55.0 福永祐(JRA)
10着4枠 4番 ダイモスハーバー 牡 2 55.0 山口竜(北海道)
11着5枠 6番 メルシーゴールド 牡 2 55.0 五十冬(北海道)
12着7枠10番 センノダンサーズ 牝 2 54.0 伊藤千(北海道)
13着6枠 8番 タカラタロウ 牡 2 55.0 川島洋(北海道)

トップサバトン、トップでゴール!!

イヤ、マジで意外です。
お昼にD-netでトップサバトンの複勝100円だけ買って、その後は
ボチボチ仕事してたのですが、どうなるかなぁと想像してるうちに
不意に上述のフレーズが浮かんできました。
だいたいそういうときは期待しすぎで外れるんですけど・・・
まさか実現するとはねぇ。

JRA勢はちょっと何してるんだかよく分かりませんでした。
JRA勢に限らず前の方でゴチャゴチャ出入りしてた割にうまくいった馬はおらず・・・
強いて言えばアンパサンドが前残れたくらいですか?
1番人気ミスティックベルが3着まで押し上げるのが精一杯の
荒れたレースでした。


【出馬表】
1枠 1番 トップサバトン 牡 2 55.0 井上俊(北海道)
2枠 2番 アプローズヒーロー 牡 2 55.0 横山典(JRA)
3枠 3番 リバームーン 牡 2 55.0 佐々国(北海道)
4枠 4番 ダイモスハーバー 牡 2 55.0 山口竜(北海道)
4枠 5番 ラインストーム 牡 2 55.0 福永祐(JRA)
5枠 6番 メルシーゴールド 牡 2 55.0 五十冬(北海道)
5枠 7番 ミスティックベル 牡 2 55.0 武 豊(JRA)
6枠 8番 タカラタロウ 牡 2 55.0 川島洋(北海道)
6枠 9番 フジエスギャラント 牡 2 55.0 宮崎光(北海道)
7枠10番 センノダンサーズ 牝 2 54.0 伊藤千(北海道)
7枠11番 ヒデサンジュニア 牡 2 55.0 川島雅(北海道)
8枠12番 ワイルドイリーガル 牡 2 55.0 岩田康(JRA)
8枠13番 アンパサンド 牡 2 55.0 齊藤正(北海道)

2歳は分かりません!
多分JRAのアプローズヒーローが最有力。
出馬表見ただけではそんなもんでしょうか。
穴っぽいのはトップサバトンとフジエスギャラントかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

レディースジョッキーズシリーズ!

『レディースジョッキーズシリーズ』の開催決定 (NAR)

昨年までは「全日本レディース招待競走」だった、この企画。
名前的にはあか抜けたんだか、平べったくなったんだか。

でも、最近若手の女性騎手増えたからな~
わが高知には全日本新人王争覇戦の覇者、森井騎手がいるし、
デビューしてからすでに50勝をマークした別府騎手もいるし。

しかも、3ラウンドに分けて、高知でもやってくれるんだよねぇ。
是非とも当てたい(笑)

ちょ~っと、いやかな~り楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

えぇ~ アジュディミツオーJBC出ないの~?

ミツオー 骨りゅうでJBC回避 (スポニチ)

ちょっと残念なニュース。
アジュディミツオーがJBCを回避する、とのことで・・・
まあ健康第一ですから仕方ないですけど、やっぱり残念だ~

アジュディミツオーは3歳時にJBCクラシックに出走してるんですけど、
昨年はJRAに挑戦してて出てないのですよね。
今年はすでにG1を3勝とノリにノってたので、この調子でJBCも
と大きな期待をかけてたのでした。

こーなったら東京大賞典は是非とも頑張ってもらわないとね。
馬券も絶対買うから!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

第9回 エーデルワイス賞(GⅢ)

第9回 エーデルワイス賞(GⅢ)
2006年10月12日(木) 15:50発走
旭川 第11競走 ダート1600m(右)
(サラブレッド系 2歳 馬齢)

【競走成績】
1着 4枠 4番 パラダイスフラワー 牝 2 54.0 小林俊(岩手)
2着 1枠 1番 アグリフェスタ 牝 2 54.0 井上俊(北海道)
3着 7枠11番 フェアリーライド 牝 2 54.0 齊藤正(北海道)
4着 6枠 9番 タガタメ 牝 2 54.0 山口竜(北海道)
5着 2枠 2番 マイネバイレ 牝 2 54.0 五十冬(北海道)
6着 3枠 3番 ベリーベリーナイス 牝 2 54.0 菊澤徳(JRA)
7着 5枠 6番 ガールズポップ 牝 2 54.0 藤田伸(JRA)
8着 6枠 8番 ビヨンザシー 牝 2 54.0 服部茂(北海道)
9着 4枠 5番 モエレスプライト 牝 2 54.0 佐々国(北海道)
10着5枠 7番 ホクトノハリケーン 牝 2 54.0 中村裕(北海道)
11着8枠13番 エイティカリズマ 牝 2 54.0 宮崎光(北海道)
12着7枠10番 ハヌル 牝 2 54.0 内田利(佐賀)
13着8枠12番 エーシンパーティー 牝 2 54.0 中舘英(JRA)

地元の道営馬を差し置いて、岩手の馬が勝っちゃった!
さほどJRAが強力でなかったというのもあるんでしょうけどね。
2~4着まで北海道だから、地元陣営は悔しいでしょうね。
そして人気馬総崩れ!
ま、総崩れは言いすぎかな。
でも上位人気馬ではフェアリーライドの3着が精一杯だから・・・

エイティカリズマは狙いすぎでした(苦笑)


【出馬表】
1枠 1番 アグリフェスタ 牝 2 54.0 井上俊(北海道)
2枠 2番 マイネバイレ 牝 2 54.0 五十冬(北海道)
3枠 3番 ベリーベリーナイス 牝 2 54.0 菊澤徳(JRA)
4枠 4番 パラダイスフラワー 牝 2 54.0 小林俊(岩手)
4枠 5番 モエレスプライト 牝 2 54.0 佐々国(北海道)
5枠 6番 ガールズポップ 牝 2 54.0 藤田伸(JRA)
5枠 7番 ホクトノハリケーン 牝 2 54.0 中村裕(北海道)
6枠 8番 ビヨンザシー 牝 2 54.0 服部茂(北海道)
6枠 9番 タガタメ 牝 2 54.0 山口竜(北海道)
7枠10番 ハヌル 牝 2 54.0 内田利(佐賀)
7枠11番 フェアリーライド 牝 2 54.0 齊藤正(北海道)
8枠12番 エーシンパーティー 牝 2 54.0 中舘英(JRA)
8枠13番 エイティカリズマ 牝 2 54.0 宮崎光(北海道)

昨年は高知からスーパーキセキが出走してまして、大盛り上がり・・・
というわけでもなかったのですが、頑張ってくれと応援した思い出があります。
今年は高知からは出走ナシです。
なんせ、確認できる限りでは高知の2歳馬、1頭しかいませんから・・・

さて、今回狙ってみたいのは大外8枠13番エイティカリズマ。
フローラルカップで結果を出したフェアリーライド、ビヨンザシーあたりで順当かと思いますが、
ともに先行形なので、差しタイプで浮上しそうな馬を選んでみました。
あと、勝ちきれてないものの、重・不良馬場で浮上してるような傾向なので、
今夜半旭川に雨予報が出ていることからも、一発に期待です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

第26回 白山大賞典(GⅢ)

第26回 白山大賞典(GⅢ)
2006年10月10日(火) 15:45発走
金沢 第9競走 ダート2100m(右)
(サラブレッド系 3歳以上 別定)

【競走成績】
1着 8枠11番 レマーズガール 牝 6 57.0 岩田康(JRA)
2着 8枠12番 ビッグドン 牡 6 56.0 加藤和(金沢)
3着 6枠 8番 レイナワルツ 牡 5 54.0 兒島真(愛知)
4着 3枠 3番 グラッブユアハート 牝 6 56.0 武 豊(JRA)
5着 7枠10番 スターキングマン 牡 7 60.0 武 豊(JRA)
6着 5枠 6番 ウィンドファンタジ 牡 3 54.0 田中学(兵庫)
7着 4枠 4番 ヤマノブリザード 牡 7 56.0 内田利(佐賀)
8着 7枠 9番 レッドストーン 牡 4 56.0 倉地学(愛知)
9着 2枠 2番 クーリンガー 牡 7 58.0 和田竜(JRA)
10着1枠 1番 ビッグゴールド 牡 8 57.0 藤田弘(金沢)
11着5枠 5番 オモシロイ 牡 7 56.0 米倉知(金沢)
除外 6枠 7番 マヤノオスカー 牡 6 56.0 桑野等(金沢)

グダグダか~
Doblogがまたしても更新拒否期間に入ってたので、南部杯の結果も
白山大賞典の前日見解など、出し遅れちゃったじゃないかよぅ~
もうめんどくさいので白山大賞典は結果だけ。
とにかく、グラッブの次はレマーズかぁ。
正直、レベル低すぎやせんかねぇ。
まあ、ハンデ差があるので荒れやすいとは言えるんだけど。
私はクーリンガーあたりがおもしろいと思ってたんですが、まったく動かず・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

第19回 マイルチャンピオンシップ南部杯(GⅠ)

第19回 マイルチャンピオンシップ南部杯(GⅠ)
2006年10月9日(月) 16:05発走
盛岡 第10競走 ダート1600m(左)
(サラブレッド系 一般)

【競走成績】
1着 4枠 6番 ブルーコンコルド 牡 6 57.0 幸英明(JRA)
2着 6枠10番 ヒシアトラス 牡 6 57.0 横山典(JRA)
3着 4枠 5番 ジンクライシス 牡 5 57.0 五十冬(北海道)
4着 5枠 7番 シーキングザダイヤ 牡 5 57.0 武 豊(JRA)
5着 7枠12番 タイムパラドックス 牡 8 57.0 岩田康(JRA)
6着 8枠13番 ウツミジョーダン 牡 6 57.0 小林俊(岩手)
7着 1枠 1番 ケイアイダンシング 牡 4 57.0 大畑雅(愛知)
8着 7枠11番 ノボトゥルー 牡 10 57.0 福永祐(JRA)
9着 3枠 3番 タイキサファリ 牡 8 57.0 沢田盛(岩手)
10着6枠 9番 オリエントボス 牡 4 57.0 関本浩(岩手)
11着8枠14番 エアウィード 牡 6 57.0 村上忍(岩手)
12着5枠 8番 ミサキノハンター セン 5 57.0 高松亮(岩手)
13着2枠 2番 ベルモントシーザー 牡 8 57.0 菅原勲(岩手)
14着3枠 4番 オグリスキー 牡 6 57.0 佐藤友(笠松)

おやおや、シーキングザダイヤはG1獲れないさだめなんですかねぇ。
しかも、このレースを制したのがブルーコンコルドとあっては、ますます先が暗いです。
今年のJBCは川崎開催でJBCマイル、クラシック。
JBCマイルに出る場合、ブルーコンコルドともう1回やるハメになります。
向こうは今回ひと叩きで調子をさらに上げるでしょうし、
かしわ記念に続いてマイルにメドが立ったことで、ますます強敵です。
ならばJBCクラシックはというと、こちらはアジュディミツオーが待ち受けてる、と。
ユタカの手がける超良血馬には、たまーにこんな感じで
イイトコまでいくのに頂点に立てない馬がいますけど、
シーキングザダイヤもそんなことになってしまうんでしょうか・・・


【出馬表】
1枠 1番 ケイアイダンシング 牡 4 57.0 大畑雅(愛知)
2枠 2番 ベルモントシーザー 牡 8 57.0 菅原勲(岩手)
3枠 3番 タイキサファリ 牡 8 57.0 沢田盛(岩手)
3枠 4番 オグリスキー 牡 6 57.0 佐藤友(笠松)
4枠 5番 ジンクライシス 牡 5 57.0 五十冬(北海道)
4枠 6番 ブルーコンコルド 牡 6 57.0 幸英明(JRA)
5枠 7番 シーキングザダイヤ 牡 5 57.0 武 豊(JRA)
5枠 8番 ミサキノハンター セン 5 57.0 高松亮(岩手)
6枠 9番 オリエントボス 牡 4 57.0 関本浩(岩手)
6枠10番 ヒシアトラス 牡 6 57.0 横山典(JRA)
7枠11番 ノボトゥルー 牡 10 57.0 福永祐(JRA)
7枠12番 タイムパラドックス 牡 8 57.0 岩田康(JRA)
8枠13番 ウツミジョーダン 牡 6 57.0 小林俊(岩手)
8枠14番 エアウィード 牡 6 57.0 村上忍(岩手)

地元岩手の先行勢を先に行かせて、3番手あたりの好位抜け出し。
そんなシーキングザダイヤが最有力と見てますけど・・・
エルムSの結果からちょっとメンバーが面白みを増したので、
そういうとこも含め、どうなるか楽しみな一戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

第40回 東京盃(GⅡ)

第40回 東京盃(GⅡ)
2006年10月4日(水) 20:10発走
大井 第10競走 ダート1200m(外右)
(サラブレッド系 3歳以上 別定)

【競走成績】
1着 2枠 3番 リミットレスビッド 牡 7 56.0 岩田康(JRA)
2着 5枠 8番 シーキングザベスト 牡 5 56.0 福永祐(JRA)
3着 2枠 2番 ニホンピロサート 牡 8 56.0 安藤勝(JRA)
4着 5枠 9番 コアレスタイム 牡 8 56.0 内田博(大井)
5着 3枠 4番 イブキオネスト 牡 7 56.0 石崎駿(船橋)
6着 6枠10番 カセギガシラ 牡 6 56.0 鈴木啓(大井)
7着 6枠11番 アグネスジェダイ 牡 4 57.0 武 豊(JRA)
8着 7枠12番 ベルモントファラオ 牡 7 56.0 御神訓(大井)
9着 7枠13番 ベルモントソレイユ 牡 6 56.0 戸崎圭(大井)
10着1枠 1番 ディバインシルバー 牡 8 56.0 穂苅寿(JRA)
11着4枠 7番 マヤノチャーナ 牡 5 56.0 桑野等(金沢)
12着8枠14番 ブローザウインド 牡 5 56.0 真島大(大井)
13着8枠15番 ビッグフリート 牡 8 56.0 中西達(高知)
14着3枠 5番 プリティスキャン 牡 5 56.0 川原正(兵庫)
15着4枠 6番 コアレスデジタル 牡 6 56.0 張田京(船橋)

復活のリミットレスビッド!
まあ、普通に考えればこの結果が出てもおかしくはないということですか。
ただ、アグネスジェダイの位置がやけにうしろだったので、
そういった展開利も込みでの結果とも言えますが。

といったところで、今回馬券は買いませんでしたけど、
目の付け所はシャープでしょ?


【出馬表】
1枠 1番 ディバインシルバー 牡 8 56.0 穂苅寿(JRA)
2枠 2番 ニホンピロサート 牡 8 56.0 安藤勝(JRA)
2枠 3番 リミットレスビッド 牡 7 56.0 岩田康(JRA)
3枠 4番 イブキオネスト 牡 7 56.0 石崎駿(船橋)
3枠 5番 プリティスキャン 牡 5 56.0 川原正(兵庫)
4枠 6番 コアレスデジタル 牡 6 56.0 張田京(船橋)
4枠 7番 マヤノチャーナ 牡 5 56.0 桑野等(金沢)
5枠 8番 シーキングザベスト 牡 5 56.0 福永祐(JRA)
5枠 9番 コアレスタイム 牡 8 56.0 内田博(大井)
6枠10番 カセギガシラ 牡 6 56.0 鈴木啓(大井)
6枠11番 アグネスジェダイ 牡 4 57.0 武 豊(JRA)
7枠12番 ベルモントファラオ 牡 7 56.0 御神訓(大井)
7枠13番 ベルモントソレイユ 牡 6 56.0 戸崎圭(大井)
8枠14番 ブローザウインド 牡 5 56.0 真島大(大井)
8枠15番 ビッグフリート 牡 8 56.0 中西達(高知)

なーんか、この前の日本テレビ盃はなんだったんだ、ってくらい頭数集まりましたねぇ。
JRAも地方もなかなかのメンバーがそろったと思います。

狙いはJRAならリミットレスビッド、地方ならイブキオネストかな?
あくまで穴っぽいとこという意味ですけど。
リミットレスビッドは最近芝を使われながらそこそこの成績ですから
ダートに戻って復活があるかも。
イブキオネストは前走アフター5スター賞でコアレスタイムに1.3差4着。
タイム差的にはあまり感心できない気もしますが、JRA勢が混じることもあり
前がやりあう展開になれば差しがハマるかな?

なんだかんだでアグネスジェダイの軸は堅いとは思いますが・・・
今回も出走の高知から遠征のビッグフリートは・・・要らんでしょう。
先行激化の流れを作ってくれればいいかなぁ。
一応、応援はしますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

結論が出たことだけは喜ばしいことだ、結論が出ないよりは(ハルウララ引退)

ハルウララ 競走馬登録を抹消される 高知競馬 (Yahoo!)

ハルウララ、ようやく引退が決まったようです。
つい先日エスケープハッチの最多勝記録が生まれただけに、
いいことがあれば次には悪いことがあるもんなんだな、と諸行無常(ちょっと違うか)。

ある意味史上最弱馬があの時、異常なほどにもてはやされたことについては
違和感を感じていましたが、いなくなると話の種にもならなくなっちゃいますねぇ。

現実に目を向けると、高知競馬はカツカツのキツキツ。
多少気に食わなくても、お金を稼げる馬にはもう一走りくらいしてほしかったなぁ。
あとは・・・誘導馬として戻ってくる程度しか可能性ないですね。
でも安西さんは自分のための客引きがしたいんだろうから、
多分もう戻ってこないでしょうね。
高知競馬だって自らの生き残りのために客引きしたいんだから、
あんまり安西さんばかり責めるわけにはいきませんけど。

ちなみに、ハルウララの主戦であった古川文貴騎手も10月1日で引退してしまいました。
(正確には出走日としては10月1日がラストランということになるかな?)
直接の競馬筋の情報ではありませんが、高知新聞夕刊1面のコラムによれば
減量苦が理由のひとつのようです。
ともに戦った2人が、時を同じくして引退というのは、なにか運命的なものを感じたりもしますが・・・
そんな感傷的な話は現実の存続のためには紙くず同然かもしれない。

でも、ハルウララについては今までなしくずしというかズルズルと引っ張ってきた
問題に、どういう形にせよ結果が出たということだけはよかったと思います。
もう戻らないものをいつまでも追っかけてても仕方ないしね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月 1日 (日)

エスケープハッチ(アラ牡6歳)地方競馬最多勝記録更新

エスケープハッチが地方競馬最多勝記録更新! (NAR)

ハルウララ以来、久しぶりに高知の馬がやってくれた、という感じです。
(ハルウララはなんもやらかせなかったから話題になったんだけど)
衰退するアラブ競馬とはいえ、なんでも一番はいいものです。

とりあえずはおめでとう。

でも、正直なところはちょっと複雑なんですよね。
アラブ馬自体のパイが少ないので、限られた馬の中で勝負してるわけで
記録云々言われる前から高知競馬の中では勝負付けが済んだ馬たちと
何度もレースしてるんです。
そりゃ勝って当然です。
(しかも58Kg対52・53Kgで9割方勝てるくらい差があったり)
記録を前に多少足踏みしたところもありますが、大事を取ったローテのせいだったりしますし。

できればもっと強い馬たちとの勝負が見たいんですが・・・
これ以上記録が伸びなくても、それでこそ輝くと思うんですよね。
というわけで、どんどん福山遠征して!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »