« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月11日 (日)

第12回 黒潮皐月賞

第12回 黒潮皐月賞
2008年5月11日(日) 16:15発走
高知 第10競走 ダート1400m(右)
(サラブレッド系 3歳 定量)

【出馬表】
1枠 1番 リワードファントム 牡 3 55.0 赤岡修(高知)
2枠 2番 ハローカピタン 牡 3 55.0 目迫大(笠松)
3枠 3番 パッショネートキス 牡 3 55.0 西川敏(高知)
4枠 4番 ユウターエデン 牝 3 53.0 永森大(高知)
5枠 5番 シンチャオ 牡 3 55.0 郷間勇(川崎)
6枠 6番 ターゲットライン 牝 3 53.0 本田紀(川崎)
7枠 7番 モグ 牝 3 53.0 宮川実(高知)
7枠 8番 タケショウクィーン 牝 3 53.0 濱田達(船橋)
8枠 9番 ヒノモトルナ 牝 3 53.0 別府衣(高知)
8枠10番 グランドオーク 牡 3 55.0 明神繁(高知)

高知競馬の3歳クラシック第1弾の開幕だーい。
ま、他の競馬場と違って、ちょっち寂しげですが・・・
みんな買ってね(笑)

そんなことはさておき、残念なのは先ごろ兵庫チャンピオンシップに出走したヒカルヴィオーラの出走がかなわなかったこと。
まあ、他場遠征して、10日かそこらでは勝負できる体勢まで持ってこられないであろうことは容易に想像できたことではあるのですが。
ヒカルヴィオーラは高知の3歳では勝ち頭、最多の4勝(今回出走のパッショネートキスがタイ)を挙げている馬。
今回出てくれば最有力と見ていたのですが・・・

さて、レースの検討ですが、実績上はパッショネートキスが最有力。
問題があるとすれば使い詰めであること(すでに26戦を消化)。
最近上り調子のフレッシュな馬がいることや、3歳馬の主戦場が1300mで今回1400mに替わることなどを加味すれば、パッショネートキス安泰とはいえないところ。

本命はグランドオーク。
前走の良馬場1400mのタイムはパッショネートキスの不良馬場のタイムと大差なし。
馬場状態としては、不良馬場になると足抜きがよくなってタイムが縮まることを考えると、馬場が同じなら1秒くらい速い可能性あり。
また、高知の1400mは外枠の先行馬に有利な面があり、持ち時計で優位なグランドオークがダッシュを利かせれば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

第20回 かしわ記念(JpnI)

第20回 かしわ記念(JpnI)
2008年5月5日(月) 16:15発走
船橋 第10競走 ダート1600m(左)
(サラブレッド系 4歳以上 定量)

【出馬表】
1枠 1番 ブルーコンコルド 牡 8 57.0 幸英明(JRA)
2枠 2番 ケイアイフウジン 牡 6 57.0 大畑雅(愛知)
3枠 3番 ヒロショウグン 牡 9 57.0 花本正(笠松)
3枠 4番 フジノウェーブ 牡 6 57.0 御神訓(大井)
4枠 5番 オグリホット 牡 5 57.0 筒井勇(笠松)
4枠 6番 ケイエスゴーウェイ 牡 5 57.0 水野貴(浦和)
5枠 7番 ボンネビルレコード 牡 6 57.0 的場文(大井)
5枠 8番 タイキサファリ 牡 10 57.0 繁田健(浦和)
6枠 9番 シンボリプレオ 牡 7 57.0 尾島徹(笠松)
6枠10番 ケイアイダンシング 牡 6 57.0 清家義(愛知)
7枠11番 シャドウゲイト 牡 6 57.0 田中勝(JRA)
7枠12番 リスポンスフウジン 牡 7 57.0 尾崎章(愛知)
8枠13番 トップサバトン 牡 4 57.0 坂井英(大井)
8枠14番 ワイルドワンダー 牡 6 57.0 岩田康(JRA)

久しぶりのダートグレードレースですがおー
個人的見解ではフジノウェーブ、ブルーコンコルド、ワイルドワンダーの三つ巴。

フジノウェーブは前走デスモゾームをついに捕らえられませんでしたが、52Kgと58Kgの斤量差ではやむをえないでしょう。
船橋にはなんと初お目見えで、左回りにもあまり良績なかったりしますが、しまいは頼りになるでしょう。

ブルーコンコルドは低調かと思われたものの、前走フェブラリーSで2着と復調をアピール。
東京大賞典を勝ったりもしましたが、やはりこの距離がベスト。
2連覇なるか。

ワイルドワンダーは昨年春から本格化。
G1こそ手が届かなかったものの2着、5着、3着と争覇圏。
マイルではブルーコンコルドにわずかに及ばないものの、上り調子の馬で今度こそ突き抜けるか。
不安な点は地方ダートの経験が圧倒的に少ないこと。

そして、おまけのトピックで、高知からケイエスゴーウェイが参戦してます。
高知転入後、当地未勝利のまま遠征を繰り返した同馬。
つい先ごろ二十四万石賞を制して、高知初勝利が重賞となりました。
個人的な思いとしては、1勝くらいしてからヨソに出かけんかい!てなもんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »