« 復活の金の鞍 | トップページ | 初大井 »

2010年1月12日 (火)

第24回全日本新人王争覇戦

第24回 全日本新人王争覇戦結果 (NAR)

今日は年に一度の若手ジョッキーたちの祭典、全日本新人王争覇戦が実施されました。
今年から一発勝負ではなく2Rでのポイント制になりましたが、どういう反響があるのかちょっと知りたい気はします。
個人的な印象としては、一発勝負に賭けるシステムだったころと違って2戦目で巻き返せるチャンスがあるせいか、あんましガツガツとテンに行かなくなってるのかな?という感じ。
乱ペースに陥りにくくなり、道中の駆け引きがじっくりできるようになってる・・・といいなぁ

今年の新人王はJRAの伊藤工真騎手。
同じJRAから参戦の三浦騎手が本番前にエキストラ騎乗2鞍組まれてたのと違って、まったくの白紙で臨んだ伊藤騎手。
勝ちこそなかったものの、初コースで2着・2着と安定した成績はお見事。
また、第1戦は大外、第2戦は最内という極端な枠に入りましたが、いずれも無難にこなせたというのも好印象です。
いずれまた、伊藤騎手が高知で騎乗する機会がくるといいなと思います。

ちなみに、急遽?というほどでもないけど、昨年末の笠野騎手(船橋)の怪我による辞退で繰り上がり出走した、地元高知の西森将司騎手は4着・6着で総合5位でした。
他の出場騎手より1年少ないキャリア、というかまだデビュー後1年経ってないのは西森騎手だけ。
まだまだ伸びしろはあると思いますので、これからも上を目指して頑張ってくれたらうれしいですね。

|

« 復活の金の鞍 | トップページ | 初大井 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211156/32963661

この記事へのトラックバック一覧です: 第24回全日本新人王争覇戦:

« 復活の金の鞍 | トップページ | 初大井 »