« 第35回 荒尾ダービー(四国・九州地区交流) | トップページ | 福永洋一の日(その1) »

2010年5月 8日 (土)

第1回 福永洋一記念

【2010/05/10(月) 高知第9R 第1回 福永洋一記念】 

昨年のトークショーイベントで福永祐一騎手の発言から実現の運びとなってしまった新設重賞。
ついに5/10開催!

というわけで、高知競馬もなかなかの熱の入れようで、こんなPR動画が高知競馬HPのトップに・・・

そこそこ評判もいいようで、昨日などはこの動画が地元ローカルのテレビCMとして流れて泡吹きそうに。
(午後8時台の終わりだったかな?)

さて、2日前ですが予想をば。

◎6番フサイチバルドル

福永洋一記念はマイル重賞なんですよね。
んで、フサイチバルドルは前走A-1選抜(非重賞では最上位クラスのレース)のマイル戦を勝ってます。
2着に4馬身差つけてますし、所属の田中守厩舎とならんで高知のエースの雑賀正厩舎からの出走がありません(主だったところはGW中に他場遠征してここには出てない)。
となると、もうほとんど想定外の事態(最近だと返し馬で運動させすぎとか)でも起こらない限り鉄板。

相手探しの一戦と見ます。
では相手となると・・・
普通に考えるとマイル戦の機会自体が少ないので、相手もやはり前走の結果から・・・となるんですが。

ちょっとてらって、まずは9番ロマンタッチ。
フサイチバルドルが中団差しタイプなのに対してロマンタッチはさらに後ろから仕掛けるタイプ。
上回れるかはともかく、外枠に配されたので道中ゴチャつかずに運べるので、仕掛けのタイミングを測るのに専念すればいいわけで。
作戦がシンプルになる分、ハマれば面白いでしょう。

ついで2番ホーマンクラフト。
前走はA-2の1400m戦。
単純比較はできませんが、新年度になってから記録し始めた上がり3Fタイム。
ホーマンクラフトの前走の上がりは多分新年度になってからは最速。
内枠の分、捌きがカギですが狙ってみたいところです。

あとは前残り警戒で4番グッドヘラクレスと、ちょっと中途半端なイメージながら御神本がもたせるかも8番フルパワー。

当日もまた考えなおすかもだけど・・・基本路線はこれで。

天才の軌跡を継ぐために!がんばれ~

(追記)
5月10日は、第1回福永洋一記念です! (高知競馬HP オークスSPブログ)

|

« 第35回 荒尾ダービー(四国・九州地区交流) | トップページ | 福永洋一の日(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211156/34592725

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 福永洋一記念:

« 第35回 荒尾ダービー(四国・九州地区交流) | トップページ | 福永洋一の日(その1) »