« 福永洋一の日(その3) | トップページ | 宮川実騎手、復帰の翌日 »

2010年5月20日 (木)

第14回黒潮皐月賞

【2010/05/21(金) 高知第9R 第14回黒潮皐月賞】

いやあ、今日の大井の東京プリンセス賞と門別のエトワール賞、面白いレースだった。
ともに着差際どく、最後まで手に汗握るといった感じでした。
こういうレースを高知競馬でも見たいもんです。

さて、明日は高知競馬では黒潮皐月賞が行われるということで、予想。

◎10番ナロウエスケープ 

なんとゆーか、最近転入してきた2頭とその他の持ち時計が違いすぎる・・・
金の鞍賞勝ち馬フジペガサスなき後の3歳戦を引っ張ったリワード勢もいないし、正直ここはナロウエスケープとプラウドメアリーの一騎打ち。
プラウドメアリーは前走が転入初戦で今回さらに前進・・・だといいんですが、1ヶ月開いたのは中央時と同じペースで使われてることになるので、あまり変わり身ないと見ます。
馬体重も430Kg台と叩かれて減っちゃうとマズイんじゃないかという気がしますし。
ナロウエスケープの方は、前走転入2戦目でプラウドメアリーを下しての勝利。
前走叩いての上積みあったのなら今回は?と思うとこですが、前走+14Kgと馬体重を大きく増やしての勝利なので、今回絞れてさらに前進はこちらの方でしょう。
ヤネも昨年3冠グランシングの中西騎手を配して、今年もか!の気配すら。

ワタシはやりませんが、基本的には3連単2頭軸で、あとは何を3着に入れるか、でしょうね。

で、その3着ヒモ候補はと。
まずは1番モルフェキープオフ。
ここ3走、古馬相手に今回と同じ1400mで1着、2着、2着。
上記2頭を除けばおそらく機会の少ない1400mに一番慣れている馬。

ナロウエスケープと同じ父の4番コスモストラヴィン。
こちらも転入して日は浅く、実はあまり数を使われてないのでフレッシュさでは引けを取らない。
ただ、テンが速くなると今までのような逃げ先行では通用しない可能性もあり、そうすると差しに構えた方がいいんでしょうが・・・
追い込みのイクから乗り替ってるので、あまり一発の気配は感じられないかな。

ナロウエスケープと同馬主同厩舎の9番フォーティマックス。
実は金の鞍賞以後、ひそかにこの馬が今年はいけるんじゃ・・・と思ってきたのですが。
最近ちょっとズレてたかな?と思ったりも。
一応、今回のメンバー中では唯1頭C-1級で戦ってる(他はC2か3歳限定)ので、その点では実績上位なんですが・・・
前走の負けが気にかかるところ。

あとは、まったく足りないが、無欲の死んだふりでもしかしたらの6番キャプター。

こんなとこかな。

しっかし、赤岡が出てないとは夢にも思わなかったわ~

|

« 福永洋一の日(その3) | トップページ | 宮川実騎手、復帰の翌日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211156/34793154

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回黒潮皐月賞:

« 福永洋一の日(その3) | トップページ | 宮川実騎手、復帰の翌日 »