« 福永洋一の日(その2) | トップページ | 第14回黒潮皐月賞 »

2010年5月11日 (火)

福永洋一の日(その3)

福永洋一記念ネタはこれがラスト(の予定)

記念馬券 
20100510f1061081

赤岡騎手が、「偉大な人の名前を冠したレースだから勝ちたかった」的なことをゆーてましたが、ワタシも勝ち馬の記念馬券が欲しかったっ
とゆーことで、メイン馬券とは別に単勝馬券を購入。
一応、ホーマンクラフトの逆転にも備えて買っておきました。
とりあえず、記念グッズ1コ、ゲット~
ただ、前々からちょこちょこファンの方には希望があったんですが、騎手名入らんかな~てな。


予想紙、中島競馬号 
20100510f1061078

気まぐれジョージと勝った春天の口取り写真が使われていました。
これも記念ですね。
普段はレースが進むと2つ折りにしてポケットに収めて持ち歩くんですけど、この日ばかりは多少シワができても折り目はつけるまい、そう思って不便ながらも常に手で持ってました。
しかし、よく考えると福ちゃん新聞もあったわけで、別の写真が使われてた可能性もあったわけで、他紙も買っときゃよかった・・・


表彰式後のお餅投げのお餅 
20100510f1061079

表彰式の後にお餅投げがあったんですね。
ワタシはファイナルレースのパドック見に行ってたんですが、同行者?のおけら親父さんがもらってきてくれたのをありがたくいただきました。
おけら親父さんについては高知競馬HPトップ→「海援隊」→「みんなの予想」を参照。
ワタシは仕事終わりで7Rからだったんですが、最初からいたそうです。
先着プレゼントの記念タオルマフラーもゲットしておりました。
ちなみに、おけら親父さんとは落ち合う約束もなんもしてませんでしたが、ワタシの入場後数分で合流。
お互い来てるのが当たり前みたいな感じ・・・


お餅裏返し 
20100510f1061080

記念の印。
しかし、昨日のお餅なので、そろそろカッチカチに・・・
今日中に食べます。


ところで心配された天候でしたが、幸いあんまり悪化しなかったですね。
ま、断続的に降り続いたおかげで高速馬場になっていた、というのはあるんですが。
カメラ構えてても、レンズに水滴がつくということもなかったですし。
いわゆる小糠雨というやつだったようです。
今後も来たいということをユーイチがゆーてくれましたけど、個人的には「あんまり無理するなよ」と。
時期的には梅雨前ですけど、年間通してはかなり雨量が多いので、今回はたまたま運が良かった気もします。
ワタシが見た前日の予報では、午後に降るということだったのですが、たまたま早く雲が流れて午前中に前倒しで降ってくれたので午後は大したことなかっただけで、予報どおりに降ったら今回のような程度では済まなかったことが想像されるので。
まあユーイチだけだったらそんな心配しないんですけどね。

ちなみに同行者?の希望は「乗れ」でした(笑)
ま、それがベストではありますが、今後そういうことがあればいいな、くらいの気持ちでいることにしましょう。

|

« 福永洋一の日(その2) | トップページ | 第14回黒潮皐月賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211156/34647411

この記事へのトラックバック一覧です: 福永洋一の日(その3):

« 福永洋一の日(その2) | トップページ | 第14回黒潮皐月賞 »