« 黒船賞当日の予想メモ(高知8~10R) | トップページ | 出走拒否と損害賠償(高知競馬) »

2012年3月21日 (水)

黒船賞の日を振り返った

昨日のことなんで、振り返るというのもなんだかなあ、ですが。
忘れない内になんか書いとこうと思いまして。
とはいえ、写真なぞ1枚も載せないのですが。

昨日は午後半休をもらいまして、昼過ぎから出動。
はりまや盃に間に合って、黒船賞の表彰式でサヨウナラ、というスケジュール。
地元民なんだから、最初から最後まで、と思わんでもないですが、仕事の都合で最初からは無理。
そして、最後までは体調不安があるので、サッパリスッパリと切り捨て。

高知競馬場到着はちょっと早めになって、はりまや盃の前の4Rが終わったすぐあとくらい。
かなり人が多くて、少し戸惑いました。
いつもは全出走頭数より少なかろ、くらいの人数なんですけど(いや、もうちょい入ってるか?)。

黒船賞のレース自体は、普段見てるのと比べてあまりにペースが速くて・・・
不良ながら、思ったよりも馬場が乾いていて、極端な高速決着にはならないかな、などと地元勢へのかすかな望みを抱いていましたが。
いや、速い速い。
地元馬同士のレースだと、テンがゆるかったり、しまいバタバタになったり、向う正面でペース落ちて再度ギアアップ、とかいう展開のアヤがあるんですけど、まったくなかったですね、いじるところ。
しかし、ダイショウジェットが追い上げてきて、ゴール前は3頭接戦になって、ワタシの馬券は外れ確定していましたが、ドキドキしました。

地元高知勢に関しては、まずチュニジアンブルーの倉兼騎手。
最内はイヤだ、とレース前に懸念をもらしていましたが、そのとおりになってしまって残念。
2日前の馬場状態が維持(乾燥が進んでなければ)されていれば、まだ走りやすかったのかな?とも思いますが。
それはそれでより高速決着になっていただろうことで、どうしようもなかったのかな、と。
タンゴノセックとレーザーブレイドは6、7着。
掲示板まで2馬身半。
こちらもキツかったようで。
ただ、切れはタンゴノセックの方が上と思っていたんですが、上がりタイムを見るとレーザーブレイドの方が速くって、これはちょっと意外でした。
ともあれ、この2頭、不良馬場の1400mで1分30秒を切ったので、地元戦なら展開無視、脚をタメるとか息を入れるとか考えなくても勝てるレベルかと思われ。
チュニジアンブルーも含めJRAや南関で中長距離の経験もある(レーザーブレイドの場合は障害)ので、メンバーにバラツキのある緩い流れになったりする中距離のDG(佐賀記念?)とかなら掲示板は狙えるかなー

そうそう、メンバーのバラツキといえば、スーニの4着は意外ながらも、JRA勢が全馬掲示板に載せてきました。
毎年1頭くらいは沈むJRA馬がいるんですけど、今年はそれがいませんでした。
長休明け2走目のアイルラヴァゲインとかそーじゃないの、とか思ってましたが、失礼しましたとしか言いようが(苦笑)

ともあれ、無事に開催できてよかったです。
ちょー個人的には、黒船賞のときの喧騒というやつは、馬券勝負にはまったく向かないと思ってるのですが、年に一度のお祭りですからねぇ。

あ、そーいや、打越初男展、見るの忘れてた・・・
公募デザインのポスターも見ていない・・・
来年はもっとちゃんと参加します・・・

|

« 黒船賞当日の予想メモ(高知8~10R) | トップページ | 出走拒否と損害賠償(高知競馬) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211156/44583420

この記事へのトラックバック一覧です: 黒船賞の日を振り返った:

« 黒船賞当日の予想メモ(高知8~10R) | トップページ | 出走拒否と損害賠償(高知競馬) »