« 2016年1月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

永森大智のWASJ

久しぶりになんか書いておかないと、ますますブログ離れが進んでしまうということで。
高知競馬にいいニュースがありましたから、それをちょこっと。

永森大智騎手 JRA初勝利&WASJ3位の快挙!!(高知競馬HP)

地方競馬代表騎手を決めるSJTを勝ち上がったときでさえ、出来すぎだなと思ったくらいなんですが。
初出場で勝ち星を挙げるというのは立派なものです。
赤岡騎手がWSJS時代に初出場した時も3位で、赤岡騎手が事前にジョッキーズトーク(開催日のレース前の
特別コーナー)で、自分が出たときも30になる直前でなにかを感じるというようなことも言っていましたが。
シンクロニシティとでも言うのか、結果としてはなぞるように3位となりました。
1位だったらと思うと、そっちの方がいいに決まってるんですが、高知の騎手は他場と比べて交流騎乗の機会が少ないですから、経験値的にはやや足りない中でも高いレベルで戦えたというのは、見ている側としてもうれしいことです。

個人的な永森騎手評を書くと、実はあんまりこれといった印象のない騎手なんですよね。
本人はなにかしらインタビューがあると、いい馬に乗せてもらってるから、赤岡さんの方がもっと上手い、ということを言っています。
それは、傍目で見る側でもそう思ってはいるんですが・・・
じゃあ、その赤岡さんは?というと、これまたあまり特徴を感じなかったり。
逆に言うと、変なクセがないということなのかなと思っています。
例えば、逃げ差しで得手不得手とか、そういうのがない万能型に分類されるのかな、と。

あとは、そうですね、永森騎手はちょっと背が高めですね。
WAJSの表彰式の写真なんかも出回っているので見比べてもらえるといいんですが、JRAで背の高い部類の武豊騎手と並んだところ、見た目に身長がほぼ同じくらいです。
個人的には、身体の大きさよりも、意外と柔軟性あるなと思ったことはありました。

ともあれ今回の結果で、今後の活躍が期待できるだけでなく、さらなる飛躍が約束されたと言っても過言ではないでしょう。
地方の競争を勝ち抜くのは大変ですが、2度目の出場が叶うと信じて、見ていきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年11月 »