« 黒船賞の日 | トップページ | マウンテンダイヤ引退に寄せて »

2018年1月 3日 (水)

2017年の高知競馬を振り返って

昨年はメッチャ忙しかった・・・というか、1日単位では大して忙しくないんですよ。
残業もほとんどないし。
でも、休みの日がほとんどなくて、競馬ファンの中には「365日のうち360日は馬券買ってる」なんていう人もいるわけですが、ワタシの場合はそれが仕事に置き換えるとそのまんま、という1年でした。
それでも高知競馬はナイターなもんですから、日中は仕事の休憩中にスマホで結果をチェックし(ときに「なんじゃこりゃー!」とツイートし)、夕方帰宅してから後半のレースをPCで観戦する、というスタイルでした。

大晦日も仕事してたので、1年の総括というかそういうことを書き連ねてみます。

といっても、結構ザックリカンタンにまとめられちゃうんですが、一言で言うとフリビオンの年でしたね。
2歳デビュー時にはフリオーソの仔が入ったというので期待してたんですが、途中からは血統とか関係なしに純粋にその実力に惚れ惚れとしてしまいました。
また、主戦の中西騎手が調教師に転身してフリビオンを管理、そして勝利するという流れに、さすがに出来すぎなくらいだと思いました。
でも、レースを見るとやっぱり強いんで納得しちゃうんですよね。
ダービーグランプリを勝てなかったのは残念でしたが、暮れの高知県知事賞を勝って、名実ともに高知の大将となって・・・
ホントに良い馬強い馬で嬉しく思います。

2018年はフリビオンのさらなる活躍飛躍に期待しつつ、ワタシ個人としてはもう少しマシな馬券を買えるように頑張りたいと思います(苦笑)

|

« 黒船賞の日 | トップページ | マウンテンダイヤ引退に寄せて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1211156/72609646

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年の高知競馬を振り返って:

« 黒船賞の日 | トップページ | マウンテンダイヤ引退に寄せて »