« 2018年1月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年5月

2018年5月 3日 (木)

マウンテンダイヤ引退に寄せて

今日5/3福永洋一記念の日、第9Rをもって、マウンテンダイヤ号が引退の運びとなりました。

マウンテンダイヤ号の引退について (高知競馬オフィシャルサイト)

引退式は6日ということで、もうレースには出走しませんが、最後のお目見えとなりそう。

マウンテンダイヤの転入時はあまり意識してなかったんですけど、下級戦ながら連勝してて、早くこの馬が重賞で活躍する姿を見たい、そう思ったものでした。
そして、約2年かけて知事賞で重賞初出走。
嬉しくて距離経験とか関係なく本命で応援してました。
その後は主戦の中西騎手がケガで離脱したり、岡村騎手の手で重賞初勝利を飾ったり。
高知競馬で大将になったというわけではないですが、オープン昇格後は常に大将格の馬たちと好勝負を続けてきました。
マウンテンダイヤのいるレースは常に欲目が出てしまって、冷静に馬券を買うのが難しく、「心中でもかまわん!」と思い切ったり。

そんなマウンテンダイヤも今年で10歳馬。
本当におつかれさまでした。
 
 
というところで終わるとキリがいいんですけど、もうちょっとだけ。

マウンテンダイヤが黒船賞に名乗り~第12回黒潮スプリンターズカップ~ (高知競馬オフィシャルサイト)

「なお、マウンテンダイヤ、鞍上の岡村卓弥騎手ともに待望の重賞初制覇となりました。」

岡村騎手、ひそかに今ブレイクしかかってるんじゃないかと思うんですよね。
マウンテンダイヤで重賞3つ勝ってて、その時もブレイクは言われてたと思うんですが、それよりも現在、高知競馬のリーディング厩舎のセカンドジョッキーながら、騎乗数はエースの永森騎手と同じくらい(どころか昨年は高知競馬の最多騎乗者でした)乗ってて、勝ち鞍もエースには遠く及ばないものの自身のキャリアハイを更新確実な勢いです(4月末時点で昨年の勝ち鞍の半分をすでに稼いでます)。
永森騎手に比べて他厩舎の馬に乗ることが多いのですが、その分他厩舎にも信頼されて、勝ち星が伸びているので結果もついてきていると言えると思います。
なにかもうひとついい方向に転がれば、近い将来にさらにステップアップが望めるのではと、個人的に期待しているのです。

将来、岡村騎手が巷に語られるような実績と立場を手に入れたとき、マウンテンダイヤの存在が必ず語られるだろうと思います。
岡村騎手がそんな存在になることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年11月 »