« 禁止薬物のこと | トップページ

2018年12月31日 (月)

2018の競馬も店じまい

なんかもう、年に2、3回更新してそれっきり状態ですが、全部Twiterのせいです(笑

ともあれ、今日は大晦日。
年の最後の重賞、高知県知事賞が行われました。
勝ったのは宮川実騎手騎乗のティアップリバティ。
実力はもちろん認めるところですが、牝馬が2400を逃げ切るとは思ってもみませんでした。
個人的には、フリビオンを応援していましたが、まだトンネルを抜けるには時間がかかりそうで、それはちょっと残念でした。

1年を振り返ると、とにかく売り上げが好調というのが第一でしょうか。
年度替り前には、県市に利益配分するというニュースが流れましたし、以降の売上の推移も前年比を上回っていて、ワタシはいつ頭打ちになるんだろうかと不安に思ったりもするんですが、なんとか今年もいい状態で終えたなとホッとしてもいます。

また、騎手をはじめとした、競馬関係者の結婚が相次いだというのもハッピーなニュースでしたね。
ディアマルコのグランダムジャパン古馬シーズンの総合優勝や、2回目のヤングジョッキーズシリーズでファイナル進出した松木騎手がJRA初勝利を挙げたことなど。

一方で残念なこともあって、三村騎手が引退してしまったことは印象に残っています。
福山廃止後、所属を転々として最終的に高知に落ち着いて、勝負強く信頼性が高く一発もある騎手として定着してきていましたが・・・
やはり体重制限がきつかったようで、騎手という職業の、ふだんはあまり意識しない厳しい側面も感じました。

あとは、勝負の世界なんで仕方ないことですけど、地元の黒潮ダービーを佐賀のスーパージェットに獲られてしまったことですかね。
久しぶりにガツンと衝撃を受けましたね。
黒船賞は相手が強いのが分かっているので、やっぱり仕方ないかなと思うんですけど。
高知の馬も時々遠征していて、好走すると、わーよかったーと喜びますが、逆の立場になると悔しくなりますね。
来年のダービーは地元馬の活躍を祈っています。

そんなこんなで明日からお正月、年も気持ちも切り替わって、いいことありますように。
元日競馬も高知競馬へGO!

|

« 禁止薬物のこと | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018の競馬も店じまい:

« 禁止薬物のこと | トップページ